HOME > 学部・学科・大学院 > 大学院 文学研究科

学習・研究を深める意義を実感する 新たな学びの場大学院 文学研究科英文学専攻Graduate School English Literature and Language

精深な学識を備え、学術や⽂化の進展に貢献し、教職や一般企業で活躍する人材を育成します。

大学院文学研究科英文学専攻は1991年度に設立され、キリスト教主義に基づく大学の基礎の上に、広い視野に立って精深な学識を授け、専門分野における研究能力又は高度の専門性を有する職業等に必要な高度の能力を養うことを目的としています。本学大学院修了生の中には専修免許を取得し、中学・高校の英語教員になられた方、大学・短大の非常勤講師として教鞭を取られている人、一般企業で英語を使う業務に携わっている方など、様々な分野でご活躍なさっている方々がいらっしゃいます。なお、大学院では Kwassui English Studies という研究論文集が毎年発行されています。これには在学⽣はもちろん、修了⽣も投稿できます。論文集はインターネット上で公開され、学術交流の⼀翼を担っています。

門戸を広く開放

社会人が学びやすいように、長期履修制度が整備されており、平日夜間や土曜日に授業を開講することも可能です。2020年度からは55歳以上の方を対象にしたシニア特別選抜入試や外国人留学生特別選抜入試もスタートしました。

2021年度 大学院文学研究科授業科目

授業科目の名称 テーマ 担当教員
英文学 英文学特殊講義 Ⅰ Shakespeare’s The Merchant of Venice and Othello Sergio Mazzarelli
英文学演習 Ⅰ 20世紀イギリス演劇研究 深堀 悦子
英文学特別講義 Ⅰ Ngugi wa Thiong’oの著作と思想 香川 実成
米文学 米文学特殊講義 Ⅰ アメリカ詩 上野 葉子
米文学演習 Ⅰ 19世紀・20世紀のアメリカ思潮と小説 浅井 明美(非常勤)
英語学 英語学特殊講義 Ⅰ 英語教育 西原 真弓
英語学演習 Ⅰ 第二言語習得 狩野 暁洋
英語学特別講義 Ⅰ 文の形と意味 西原 俊明(非常勤)
修士論文指導 Ⅰ.Ⅱ 担当教員
チュートリアル Sheila Norris

学ぶこと、研究を深めることの意義を実感してください。

 本大学院には、英文学、米文学、英語学の3つのコースがあります。イギリスやアメリカの作品理解のためには、これらを英語で読み解く高度な読解力が要求されると同時に、問題点の把握とそれを批評するための幅広い知識と能力が必要です。また英語学分野においても、英語の歴史、構造等と文化との関係に目を向けながら、資料収集と分析を行う必要があります。いずれの場合も、学部レベルを上回る理論的な思考能力が必須です。さらに、本学大学院では「チュートリアル」というシステムもあり、ネイティブスピーカーの先生と、英語でディスカッションを行うことで高度な英語コニュニケーション能力が習得できます。教員など、英語を生かす実践的な職業に就きたい学生、日本の大学院で勉強したい留学生、生涯学び続けてゆきたいという意志をもったシニアの方など幅広く受け入れ、知的交流の場として役割を担ってゆきます。

過去の修士論文のテーマ

過去に執筆された修士論文のテーマをいくつか紹介します。

分野 テーマ
英文学 Aspects of Howards End
Dynamic Underling Personality in Women in Love
米文学 Gatsby's Greatness and Innocence in The Great Gatsby
A Study of the Thirteen Virtues in The Autobiography of Benjamin Franklin: Experience and American Spirit
英語学 外来語と英語教育
Anxieties of Japanese University Students when Speaking English in Classes

授業内容例

英文学特殊講義Ⅱ Sergio Mazzarelli 米文学演習Ⅱ 浅井 明美
This course will focus on two Shakespearean history plays, Richard III and Henry V. The former is a portrait of the ascent and fall of a tyrant, while the latter purports to be a celebration of a model king. You will learn to analyze the representation of the workings of political power in each play. Various critical interpretations will be studied and discussed. Attention will also be paid to the influence of these plays on contemporary mass culture through the medium of film. 「アメリカ文学における女性像」を中心的テーマに、19世紀から20世紀にかけて描かれた女性像の特質を学びます。7つのタイプの女性像に着目し、アメリカにおける歴史的・文化的出来事や思潮をふまえて、個々の作品からのメッセージを読み解きます。前半は「伝統的女性像」に焦点を当て、ステレオタイプの中に留め置かれた女性主人公たちから発せられる葛藤と模索の言葉を読み解きます。後半は「新しい女性像」に注目しながら、女性主人公たちの自我の目覚めと拡大のプロセスおよびその行方について考察します。

教職「専修免許」をめざす

すでに英語教員免許をお持ちの方は、大学院終了時に「専修免許」を取得することが可能です。大学院で習得される専門的知識のみならず、外国人教員と対話形式で行われる「チュートリアル」などの授業を通して、英語力をさらに磨きかけ、現場で通用する実践力を押し上げていきます。