活水女子大学ロゴ

topmenu

topmenu

topmenu

マークChapelmate

活水女子大学では、授業期間中、火曜日と木曜日に「朝の礼拝」を行っており、心洗われるひと時をもって一日を始めることができます。 15分間という短い時間ですが、オルガンに導かれて讃美歌を歌い、聖書のことばに触れ、メッセージを聴きます。メッセージを「Chapelmate(チャペルメイト)」として掲載しております。
このページでは「Chapelmate」の中から、朝の礼拝と「魂譲(たまゆず)り」の言葉をご紹介します。

「魂譲(たまゆず)り」についてはこちら▶
2018 初夏号

-朝の礼拝からⅠ-

「Life in God’s Service」

ローマの信徒への手紙12章6-8、11.12節

 In the Bible, Saint Paul gives us instructions on how to live our lives in God’s service (Romans 12: 6-8,11,12). He reminds us that we are each blessed with different talents and abilities, and that we should use these gifts well, each and every day. We should work hard and be content doing so.
 In our daily lives we all have many things we must do, as students, teachers, and other workers here at Kwassui. We have duties to perform and expectations about how we should act, which is natural and reasonable. Why is it then that we, or people we know, sometimes see these responsibilities more as hardships, as obligations being imposed on us, whereas others see their work or studies in a more positive light, as opportunities? These people believe they have opportunities every day, to do good, to accept responsibility and to use their own unique gifts to contribute to society. They may also see the daily challenges they face as a chance or time for growth, whether personal, professional or spiritual.
 For most of us our circumstances are basically set or fixed – this is where we are, and this is what we must do. And yet two people in the same situation can regard their experiences as almost opposite: hardships versus opportunities. Perhaps it is a question of attitude, for while our surroundings may be fixed, how we see ourselves and the world around us is flexible. Our attitudes are flexible. Given the pressures and stresses of daily life, in our studies or work, it is understandable that we occasionally feel more like the person who is “enduring hardships”. Reflection upon our lives and ways of thinking can prevent this from becoming a habit, however.
 Our attitudes are flexible: we can choose how we look at our lives and responsibilities. This choice is ours every moment of every day: are our experiences mainly hardships to endure, or are they opportunities to do well, to serve and to grow?
 Let us be thankful, then, that we have all been blessed with different gifts and try our best to always use these gifts well. Let us also be grateful for opportunities to serve, as we carry out our daily duties and lives in God’s service.

John Anderson ( 英語学科 )

朝の礼拝からⅡ

「人を裁くということ」

(マタイによる福音書7章1節~6節)

 この聖書の箇所の見出しに、「人を裁くな」とあります。なぜ神様が人を裁くなと言われるのかというと、あなたがたも裁かれないようにするためだそうです。その理由を探してみましょう。
 聖書ではよく例え話が登場します。ここでは、神聖なものを犬に与えてはならず真珠を豚に投げてはならないとあります。神聖なものは、そう思うから神聖なものとして成り立ちますが、神聖だと思わない人から見ると意味のないものになります。
 この話を読んだとき、単純な話と思いがちですが、違った見方もできそうです。冒頭の、自分の裁く裁きで裁かれ、自分のはかるはかりではかり与えられるという言葉を思い出してみましょう。
 私たちは何かをするときに、自分の主観で判断をしていないでしょうか。人に何かをする時、される側が本当に必要とすることをできていないことはよくあります。乗り物の座席を譲ろうとしたら、そんな年じゃないので結構ですと言われたりすることはよくありますね。(勝手に見た目で判断していたということ)
 これは、勝手にそうしてあげるといいに違いないと判断(人を裁いています)し、結果自分が裁かれるという神様の言葉の通りです。そうすると、神聖なものを犬に与えてはならずという言葉は、犬や豚は神聖なものや真珠という貴重なものを理解できないという例えだけではないと思います。
 神聖だ、貴重なものだというのはあくまで主観です。何かをする人がそう思っていても、受ける側との捉え方に幅があり、自分に跳ね返ってくるということを神様は伝えたいのではないでしょうか。ではどうするべきか。福音書の続き12節には、自分が一方的にこうしたらいいだろうと思ったことをするのではなく、自分がしてもらいたいと思うことを人にするようにしなさいということを神様は伝えています。この聖書の言葉を心に留め、一日を過ごしてまいりましょう。

中野 忠彦(経理課)

活水くすのきポータル
東京2020 オリンピック・パラリンピック

Top