活水学院ロゴ

校章・校歌・魂譲り

校章・校歌・魂譲り

校 章

校章

活水という校名に「建学の精神」を重ねた特徴的な校章は、1918年の女子専門学校認可申請に伴って本学の美術教師だった青木知美氏の考案により制定されました。中央に篆書体(てんしょたい)の「活」を配置し、3本の線に崩した「水」でギリシア十字型に囲んだデザインです。神さまが注いでくださる「活ける水」を受け入れるために上部が開き、注がれた恵みが全体をめぐって右の隙間の注ぎ口から溢れ出ます。神さまの恵みに活かされ、周囲の人々を潤す心豊かな女性に育って欲しいという創設者の願いが込められています。

校 歌

活水学院にはヤング校長時代から軽快で明るいユーモアに富んだKwassui Song があり、生徒に親しまれていたといいます。またホワイト校長時代には、1923年(大正12年)の創立記念日に際して校歌の募集が行われ、選ばれた歌詞に音楽科のA.M.アシュボー女史が作曲しました。この曲は現在も「創立記念日の歌」として歌い続けられています。現在の校歌は、第5代武藤校長時代に、校歌としてよりふさわしいものをと歌詞の募集が行われ、1942年(昭和17年)に相沢照子氏が作詞し日本人作曲家が曲をつけたものが校歌として制定されました。終戦後、帰任した音楽科教授オリーブ・カリー女史が曲を改作し、現在の校歌になりました。

活水学院校歌 
作詞 相沢照子/作曲 オリーブ・カリー


(スピーカーをONに設定してください)

  • 樟の双葉をこの庭に
    植えにし人を偲(しの)ぶれば
    わが身に及ぶ大神の
    ふかき恩寵(めぐみ)を思うなり
  • 生けるしるしの大いなる
    秋津島根のいさぎよき
    おみなとならん望みもち
    つどえり我等この庭に
  • 七つの海のかなたより
    ここに寄せ来て栄えたる
    文化は貴し昔より
    世にさきがけしこの港
  • 御国(みくに)を思う真心は
    世のみどり野にわきいでて
    生ける泉の源と
    流れそそがんよろず世に

魂譲り(たまゆずり)

卒業式において執り行われる活水の伝統的な儀式です。校名の由来であるヨハネによる福音書4章14節「わたしが与える水は決して渇かない。わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る」に基づいて、第2代校長マリアナ・ヤング先生が発案されました。活水で学ぶ者一人ひとりが「活ける水」を汲みとり、その「活ける水」を周囲の人々に与える者になって欲しいという創設者の願いが手桶(たおけ)によって象徴されています。「活ける水」を充たした手桶には、その年の卒業生一同の思いや願いが2色のリボンに託して結び加えられ、毎年、卒業生から在校生・在学生へと譲り渡されます。

学校法人 活水学院 〒850-8515 長崎市東山手町1-50
TEL:095(822)4107 FAX:095(828)3702

Top