活水学院ロゴ

建学の精神・校名の由来

建学の精神・校名の由来

創立者
Elizabeth Russellエリザベス・ラッセル(1836-1928)

エリザベス・ラッセル

Elizabeth Russellエリザベス・ラッセル
(1836-1928)

1836年10月9日アメリカ・オハイオ州カディズに生まれました。1859年ワシントン・セミナリーを卒業して各地で教師を務められた後、1873年バージニア州で結成された米国メソジスト監督教会婦人外国伝道協会の書記になりました。やがて出島メソジスト教会の要請に応える形で来日し、長崎到着わずか1週間後の1879(明治12)年12月1日、外国人居留地に同協会の精神的・財政的支援のもとで女子のための学校を始められました。ラッセル女史はすでに43歳を迎えており、最初の学生はたった1人でしたが、女史の深い信仰と豊かな愛によって日本における女子教育の草分けともいえる活水学院の礎石がおかれたのです。その後、40年に渡ってキリスト教精神に基づく女子教育に献身されました。

建学の精神

活水学院は、創立者であるラッセル女史が信念の拠り所としたキリスト教を「建学の精神」としています。スクール・モットーは、創設者が常に教えておられた「知恵と生命との泉-主イエス・キリスト-に掬(むす)べよ」です。女史はイエス・キリストの人格に触れることこそが最良で最高の教育の土台であると確信し、人が生きるために必要な知恵や生命を、決して尽きることがないイエス・キリストという泉から汲みなさいと教えられました。

校名の由来

新約聖書に収められているヨハネによる福音書4章14節の「わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る」に由来しています。永遠の命を宿す「活ける水」 () はイエス・キリストご自身の象徴であり、その泉からわき出る水を飲む人はリフレッシュされ、永遠の命にいたる息吹がわき出ると約束されています。

学校法人 活水学院 〒850-8515 長崎市東山手町1-50
TEL:095(822)4107 FAX:095(828)3702

Top