学部・学科・大学院

健康生活学部

 

食生活健康学科

 

保健所や病院などの集団給食施設で栄養指導ができる管理栄養士を育成します。そのために、いろいろな社会的・時代的要請に対応するため、生命と健康、栄養と食生活、運動と食生活における問題点を探り、その解決策を探求します。 さらに、食生活における健康を推進するに当たり、実践的な栄養指導・運動指導ができる技能を養います。

 
 
人体構造・機能実験T・U
井上 靖久

循環、呼吸、体温調節・発汗等の植物機能に関する実験と感覚の量的及び質的性質・分布、平衡機能、視野測定、疲労度等の動物機能について学びます。また人体の模型・ビデオや細胞・組織の観察等を行います。

 
 
健康運動指導実習T
福田 理香

補助運動・筋力トレーニングは、健康づくりおよび介護予防の場においてその必要性が高まっています。これらの特徴・効果を理解した上で、年齢や体力の異なる対象者に適したプログラムの作成法および指導法を学びます。

 
 
臨地実習
(給食経営管理、臨床栄養、
臨床栄養学活動、公衆栄養学活動)
小川  彰子
松永  知恵
馬場輝實子
池田  晴美
藤  希望
山田加奈子

臨地実習では、病院、福祉施設、学校、給食センター、保健所、保健センターなどさまざまな現場で就労している管理栄養士の活動の場にふれながら、行政・医療・保健学習をしていきます。さらに個人への栄養相談・指導、集団健康教育、調理献立づくりなどを実際的に実習することにより、将来管理栄養士として勤務するための知識や技術を実践的に学習します。

 
 
給食経営管理実習
小川  彰子

給食のマネージメントをする際に必要な内容を理解し、運営上必要な技術を習得します。給食経営管理の基本である、計画・行動・評価・活動の流れを実際に体験すると共に、学生自身が自主的・意欲的に問題意識を持って取り組みます。給食は栄養教育の教材であることも認識します。

 
 
食品学実験
池田 光壱

野菜類、果実類、卵、嗜好飲料、麺類、菓子類、調味料などの食品が持つ機能の秘密を探っていきます。

 
 
調理学実習U
久木野 睦子

調理学実習では基本的な日本料理・西洋料理・中国料理などの実習を行い、調理学で学んだことを実際の調理で確認しながら、食品の扱い方や調理技術を習得します。また、献立作成の要点を学び最終回の実習では、自分たちで作成した献立で実習を行います。

 
 
カウンセリング論
永田 耕司

カウンセリング論では、具体的なカウンセリング技法についての演習をロールプレイやグループワークを交えて行い、さらに栄養相談や指導の場面で利用ができるように応用演習を実施します。また、栄養相談などで必要なカウンセリングにおける態度や技法が身に付くように実践的な学習を行います。

 
 
栄養教育論実習
松永 知恵

対象に応じた栄養教育プログラムの作成・実施・評価を総合的にマネジメントできるように、行動科学やカウンセリングなどの理論を取り入れながら、効果的な教育方法、媒体の利用、評価方法等を学習します。


 
 
 
■東山手キャンパス(本部)
〒850-8515 長崎市東山手町1-50 TEL:095(822)4107 FAX:095(828)3702
■新戸町キャンパス (音楽学部・健康生活学部(食生活健康学科))
〒850-0954 長崎市新戸町3丁目1004-1 TEL:095(879)7110 FAX:095(879)7111
■大村キャンパス (看護学部)
〒856-0835 大村市久原2丁目1246-3 TEL:0957(27)3005 FAX:0957(27)3007