活水女子大学ロゴ

topmenu

topmenu

topmenu


3つのキャンパス

南山手キャンパス

南山手キャンパス

東山手から南山手の洋館群一帯のシンボル的存在である東山手キャンパスは、オランダ坂を上りつめた小高い丘の上に立つ伝統の学舎で、赤い屋根とゴシック様式の造りが印象的な建物です。 広くとられた敷地の中庭にあふれる緑、チャペルから聞こえてくるパイプオルガンの音、教室の窓から一望できる青い海。長崎の中心街からわずか10分ほど離れたところとは思えないくらい、 優しく落ち着いた雰囲気のキャンパスです。

東山手キャンパスの詳細はこちらから ▶

新戸町キャンパス

新戸町キャンパス

新戸町キャンパスは長崎県の南部・長崎半島の入り口に位置しています。緑あふれる閑静なたたずまいは、学問に励み、寮生活をおくるうえでも最適な環境と言えるでしょう。 キャンパス間の移動は、1日24便のスクールバス(無料)を運行しています。

新戸町キャンパスの詳細はこちらから ▶

南山手キャンパス

南山手キャンパス

大村キャンパスは、長崎のほぼ中心に広がる大村市の高台に位置し、大村湾を眺望する、緑に囲まれた静かな環境の中にあります。校舎は、活水のシンボルとなっているゴシック様式。 赤い屋根とドーマー(屋根窓)が伝統の継承を表しています。

大村キャンパスの詳細はこちらから ▶
活水くすのきポータル
東京2020 オリンピック・パラリンピック

Top