活水女子大学ロゴ

topmenu

topmenu

topmenu

1879(明治12)年にアメリカの婦人宣教師ラッセル女史の手で創設されて以来、本学は常に海外とのつながりを大切にしてきました。その伝統は、現在も受け継がれ、年々大きく広がっています。
国際交流・留学センターでは留学、海外研修などの実施、学生の国際交流をサポートすることを積極的に進めています。
近年は協定校の数も増加し、より多くの学生の留学生派遣や受入れ、海外留学、海外研修の機会を提供しています。

活水女子大学の国際交流活動

交換留学生・語学研修留学生の派遣

本学では交流協定に基づく交換留学制度、語学研修留学制度を設けています。主にアメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、韓国、中国などへ学部留学、語学留学希望者を派遣しています。本学での授業料免除や奨学金制度のほか、留学先大学が奨学金を給付、授業料減免など留学費用負担の軽減措置を設けているところもあります。そのほか、留学先大学で取得した単位が本学の単位として認められる制度があります。

海外からの留学生の受入

本学では交流協定に基づいて毎年多くの交換留学生や短期留学(私費留学)生を海外から受け入れています。外国人留学生のための日本語や文化に関する科目も充実しています。また、2週間の「夏期短期研修」も行われており、集中的に日本語学習や日本文化体験ができるプログラムを用意しています。そのほか、学部留学希望の外国人学生のための入学試験を実施しています。

海外短期研修

学科毎に語学、音楽、生活環境、日本語教員養成実習など、学科の学びの目的にあった海外研修を独自に行っています(アメリカ、オーストラリア、イタリア、中国等)。さらに、異文化理解演習(韓国、タイ等)や姉妹校間交流プログラムなどの海外研修もあります。

国際交流・留学センター

本センターでは学生の国際交流、国際理解を深めるお手伝いと留学生のサポートを行っています。また、学生の海外留学の計画、手続きも丁寧にサポートします。

一覧>

新着情報

活水くすのきポータル
東京2020 オリンピック・パラリンピック

Top