学部・学科・大学院

健康生活学部

 

生活デザイン学科

 

“生活デザイン学科”では、現代の生活のすべてを研究領域とし、そこに関わる様々なモノやコトを多元的に把握し、生きがいのある豊かな生活環境をデザインするための知識と技術の習得を目標とします。
室内環境や建築、インテリアデザイン、プロダクトデザイン、グラフィック、アパレル・ファッションデザインに関する分野を学習・研究の中心とし、さらに、社会・環境などの総合的な企画に参加できる、体系的な知識や幅広い能力を養います。また、さまざまな資格取得などを通して、豊かな生活環境を守り、創造できる、社会に大きく貢献する人材の育成を目指します。

 
 
染色学実験
吉田 大介

染色の化学的理解、繊維と用途に対する適正、カラーマッチングなどについて実験的に確認します。さらに捺染法の一例として、シルクスクリーン技法により作品を制作します。

 
 
造形実習
津田 礼子

Blue Oval(水のイメージから)学生作品

デザインや造形表現の基礎的能力を養うため、平面構成、立体構成によるトレーニングを行います。デザイン、造形表現においてはイメージを造形的記号(色、形、材質)で表現する能力が求められます。授業では特に自然のモチーフ(水・風・樹・花など)をイメージ・ソースとし、様々な表現を試みます。

 
 
 
CAD
三浦 豪介

建築設計などで使用するコンピューター設計支援ソフトの操作方法をマスターすると同時に、住宅の平面図や立体面図など建築物の作図の基礎を学びます。

 
 
長崎の染織
寺田 貴子

かつて、海外より渡来してきた絣、更紗、縞、絞りなどの染織物は、日本の服飾文化に多大な影響を与えました。長崎刺繍や長崎更紗そして島原木綿など、長崎県内に伝世されている伝統的な染織物の特徴や技法について学習します。

 
 
CGデザインT
浜谷 信彦

デザイン業界で、必須ツールのCG(イラストレータ、フォトショップなど)を基礎からしっかり学びます。デザインのツールとして使いこなし、グラフィックからパッケージ、ポストカードなどの小さな雑貨やプロダクトまで、CGを用いてデザイン制作します。

 
 
建築環境工学
橋口 剛

勉強・食事・就寝・憩いなど生活シーンの大部分は建物の中で営まれており、良好な室内環境(光・熱・空気・音)を保つことが欠かせません。例えば、空気だけではなく壁や床も暖かくなければヒトは寒く感じます。授業では、このような室内空間にふさわしい環境条件とはどのようなものであるかを数値演算を併用しながら学びます。

 
 
環境デザイン論
津田 礼子

中世の囲郭都市が砂漠の風土にその起源をもつなど、人間が自然とどのように関わり、自然との調和を求めてきたかという視点から、古代、中世、ルネサンス、バロックなどのヨーロッパの街並み、イタリア式、フランス式の整形庭園やイギリス式風景庭園などの特徴について、日本や他の地域のものと比較しながら、その地域的特徴について考えます。

 
 
陶芸実習
浜谷 信彦

機能や造形美を追求しアイデアからモノとして具現化していくプロセスを実習制作により理解を深めます。陶芸の基礎技法を学び、素材や技術の特性を活かしてランプや陶板時計、カップなど身近な生活雑貨をデザインし制作します。

 
 
 
■東山手キャンパス(本部)
〒850-8515 長崎市東山手町1-50 TEL:095(822)4107 FAX:095(828)3702
■新戸町キャンパス (音楽学部・健康生活学部(食生活健康学科))
〒850-0954 長崎市新戸町3丁目1004-1 TEL:095(879)7110 FAX:095(879)7111
■大村キャンパス (看護学部)
〒856-0835 大村市久原2丁目1246-3 TEL:0957(27)3005 FAX:0957(27)3007