活水女子大学ロゴ

topmenu

topmenu

topmenu

授業紹介

 看護学部看護学科では、「全人教育の基盤」に立ち、「高度化・専門化した看護に対応しうる」ための教育課程を展開することで、寛容と温かみのある幅広い人間性と生命に対する畏敬の念を尊重する精神を持った看護専門職、保健医療福祉活動のチームの一員としてほかの専門職と協働しながら自らの専門職としての役割を遂行できる看護専門職を育成します。そのために、充実した教養教育科目を配置し、また、経験豊かな教授陣による専門科目教育、そして、長崎医療センターとの完全提携による充実した病院実習を行い、「統合看護学」ではより広い視点で看護学を捉えることのできる豊富なカリキュラムで、品性とやさしさ、知性を兼ね備え、高度総合医療に対応しうる能力を持った看護専門職を育成します。

フィジカルアセスメント

幸 史子 他

講義とシミュレータやお互いを診察する演習を交互に実施し、臨床における看護判断ができる力を養います。

母性看護学概論

藤岡 奈美 他

「親になる」とは何かなど、出産する事で家族が形成されていく過程における看護を学修します。 理論や歴史、国内外の現状を学修して、母性看護に携わるための基盤を形成していきます。健康な母子がより健康に、安全で安心した子育てを続けていくためにできる支援の基礎を学びます。

卒業研究

岡田 純也 他

看護における課題を見つけ、研究のプロセスを学びながら、専門職として学び続ける基盤を培っていきます。

公衆衛生看護学実習

原岡 智子 他

保健師選択コース公衆衛生看護学実習では、保健所・市町、企業等において、保健指導や健康教育を実施し、地域住民や働く人々の健康支援の方法を学びます。

一覧>

新着情報

取得できる資格

◎中学校教諭1種免許状(音楽) ◎高等学校教諭1種免許状(音楽) ◎学校図書館司書教諭 ◎図書館司書 ◎全国音楽療法士育成協議会2種音楽療法士
活水くすのきポータル
東京2020 オリンピック・パラリンピック

Top