活水女子大学ロゴ

topmenu

topmenu

topmenu

マーク活水女子大学の教育目的と目標・3つのポリシー

活水女子大学大学全体

活水女子大学の教育目的 (学則第一条より)

 本学は、キリスト教主義に基づき、教育基本法並びに学校教育法の定めるところに準拠して、女子に対し高等教育を行うことを目的とする。
  この目的を達成するため、生涯教育の展望に立ちつつ、国際的視野を有する広い教養と高度の専門的知識を涵養し、もって地域並びに人類社会の福祉と発展に寄与しうる人間の育成を期する。

これに則り、活水女子大学が教育目的としているものは、以下の通りです。

  • キリスト教の教えに基づく世界観・人生観の探究を目指す。
  • 自らの主体性を発揮し、他者と協働して、課題に取り組む姿勢を養う。
  • 生涯にわたって学び、地域社会・国際社会の発展に貢献できる人間を育てる。
  • 豊かな教養と高度な専門性を備える職業人・社会人を育てる。
  • 個人の尊厳を重んじ、平和で民主的な社会の担い手を育てる。
3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー (学位授与の方針)

 活水女子大学は、本学の建学の精神と教育目的をふまえ、学部・学科の定める教育目標に沿って学び、次のような能力を身につけた者に対して、学士の学位を授与します。

  • (建学の精神)
    本学の建学の精神を理解し、自らも世界観と人間観について深く思索・探究する。
  • (人間としての尊厳)
    自分と他者の個人としての尊厳を重んじ、平和で民主的な社会の担い手になれる。
  • (職業人)
    広い教養と高等教育で培われた専門的知識や技能を具えて、職業人として経済的に独立していける。
  • (広い視野に立つ社会人)
    生涯学習の展望に立って学び続け、他者と共働して、国際的な視野を持つ社会人として、地域や人類社会の福祉と発展に貢献する意志を持つ。
カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

 活水女子大学は、本学の建学の精神と教育目的をふまえ、それらを達成するために以下のような方針でカリキュラムを編成します。

  • (建学の精神と教育目的に関する科目)
    キリスト教主義に基づく世界観、人間観を理解し、社会に積極的に関わり貢献することの意義を学ぶ科目を、必修として配置する。
  • (教養教育科目)
    人類の歩みにおける英知の蓄積に学び、幅広い教養を身につけ、人間理解を深める科目を、配置する。
  • (専門教育科目)
    本学の建学の精神と教育目的をふまえて各学部・学科が定める個々の教育目標を達成するために必要な専門教育科目を、基礎的なものから高度なものや実践・応用的なものへと、段階的・体系的に配置する。
  • (卒業論文・卒業制作)
    本学での学びの成果をまとめ、卒業後さらに学び続け、社会での実践や応用に結び付けるための能力を確実に身につけるために、卒業論文・卒業制作に関わる科目を配置する。
  • (資格取得科目)
    資格取得のために必要とされる、法令や基準に適合した科目を、配置する。
アドミッション・ポリシー (入学者受け入れの方針)

 活水女子大学は、本学の建学の精神と教育目的を理解し、本学での学びをとおして成長し、自立した人間として社会に積極的に関わる意志と能力を身につけたいと願う者を、入学者として受け入れます。多様な入試制度により、学習意欲を持ち、中等教育までの学びによる基礎的能力を持つ者を、選抜します。

活水くすのきポータル
東京2020 オリンピック・パラリンピック

Top