活水女子大学ロゴ

topmenu

topmenu

topmenu

マーク活水女子大学の教育目的と目標、3つのポリシー
およびアセスメント・ポリシー

音楽学科

音楽学部音楽学科の教育目的と目標

 音楽学部音楽学科は、音楽をとおして豊かで文化的な生活を送ることができるように、精神文化の担い手として社会に貢献することができる音楽の専門家の育成を目的としています。この目的を達成するために、以下の目標を掲げています。

  • 音楽に関する深い専門性と文化全般に関する広い教養や社会性を涵養する。
  • 地域の文化の発展と、人々が生涯にわたって豊かな精神を育むことを支援する力を育てる。
  • 人々の生活に音楽が果たす役割についての理解を深め、実践的に社会に貢献する能力を養う。
3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー (学位授与の方針)

 音楽学科では、所定の単位を修得し、次のような能力を身につけた学生に対して、学士(音楽)の学位を授与します。

  • 専攻する領域の深い専門性と体系的な知識、演奏技能を修得し、専攻分野を総合的に結びつける思考方法を身につけている。
  • 専攻分野、音楽全般および社会の事象を多角的に捉え、判断力や共感性を備えている。
  • 〈演奏表現コース〉においては、演奏・作曲に関する基礎的な力と専門的技能を活かして、共働して社会の様々な分野において貢献できる力を獲得している。〈音楽文化コース〉においては、世界の音楽に関する基礎的な知識を修得し、社会が必要とする音楽に関連する文化・マネジメントの能力とその意欲を獲得している。
カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

 音楽学科では、学科の教育目的と目標を達成することができるように、以下のような方針でカリキュラムを編成します。

  • 音楽に関する基礎的な知識・技能を学ぶ科目とともに、キリスト教と音楽の関わりについて考察・探究する科目を配置する。また、4年間の学びの成果をまとめる卒業研究を必修として配置する。
  • 〈演奏表現コース〉は、ピアノ、パイプオルガン、声楽、管楽器、打楽器、弦楽器、作曲の分野別に学び、それぞれの専門技術や演奏会での演奏経験をとおして、より深い表現力の探求を目的とした科目を配置する。
  • 〈音楽文化コース〉は、ワールドミュージックから現代のポピュラー音楽に至るまでの幅広い音楽に関する知識・技能を修得することができる科目とともに、レコーディング・プロデュース・メディア活用に関する技術を修得することができるような実践的な科目を配置する。
  • 資格取得のために、音楽療法士2種(全国音楽療法士養成協議会)の資格を音楽学科在学生全員が取得できるように、認定課程としてカリキュラム内に配置する。 また、教育職員免許状(中・高音楽一種)を取得する教職課程、学校図書館司書教諭課程、図書館司書課程、学校司書課程の科目を配置する。
アドミッション・ポリシー (入学者受け入れの方針)

 音楽学科では、本学科の教育目的と目標を理解し、本学科での学びをとおして成長し、自立した人間として社会に積極的に関わる意志と能力を身につけたいと願う者を、入学者として受け入れます。多様な入試制度により、次のような者を選抜します。

  • 音楽をとおして健康で文化的な生活を実現するために自分の能力を活用しようとする意欲を持っている。
  • 音楽の学びを支える根幹としての日本語・外国語についての関心を持っている。
  • 〈演奏表現コース〉に進もうと考えている場合には、演奏・音楽教育・作曲に関する基礎的な力とそれらを学ぶ意欲、〈音楽文化コース〉に進もうと考えている場合には、世界の音楽に関する基礎的な知識と音楽に関連する文化・マネジメントに対する関心を持っている。
活水くすのきポータル
東京2020 オリンピック・パラリンピック

Top