活水女子大学ロゴ

topmenu

topmenu

topmenu

マーク活水女子大学の教育目的と目標、3つのポリシー
およびアセスメント・ポリシー

音楽学科

音楽学部音楽学科の教育目的と目標

 音楽学部音楽学科は、音楽をとおして豊かで文化的な生活を送ることができるように、精神文化の担い手として社会に貢献することができる音楽の専門家の育成を目的としています。この目的を達成するために、以下の目標を掲げています。

  • 音楽に関する深い専門性と文化全般に関する広い教養や社会性を涵養する。
  • 地域の文化の発展と、人々が生涯にわたって豊かな精神を育むことを支援する力を育てる。
  • 人々の生活に音楽が果たす役割についての理解を深め、実践的に社会に貢献する能力を養う。
3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー (学位授与の方針)

 音楽学科では、所定の単位を修得し、次のような能力を身につけた学生に対して、学士(音楽)の学位を授与します。

  • 専攻する領域、多様な音楽分野に関する体系的な知識を持っている。
  • 専攻分野および社会の事象を多角的に判断する力を持ち、自身で思考することができる。
  • 専攻する領域に必要な技術を持ち、問題解決に応用できる能力を身に付ける。
  • 音楽の様々な領域で協力して創り上げるための専門技術を持つ。
  • 音楽を共に創造し伝えるために必要なコミュニケーション能力、文章能力を持つ。
  • 専門技術と音楽知識に関心を持つとともに、体得する姿勢を持ち、自らの音楽キャリアを築くための社会人としての力を身に付けている。
カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

 音楽学科では、学科の教育目的と目標を達成することができるように、以下のような方針でカリキュラムを編成します。

  • 各コースに専門科目を配置し専攻分野の知識を学修するとともに、音楽理論、音楽基礎講座、音楽セミナー等により、幅広い音楽分野の知識を習得する。
  • 様々な演奏機会をとおして、パフォーマンスの他、企画運営するための知識、理解を深めることができる。
  • 専門科目とともに、基礎演習科目のソルフェージュ、関連科目の作品研究等をとおして、専攻分野の様々な事象を自身が判断する力を身に付ける。
  • 学修した成果として学生自身が、卒業研究では選択したテーマを、演奏表現コースでは実技とともに卒業レポート、作品提出、音楽文化コースでは論文を制作する。
  • 演奏表現コースでは個人レッスンをはじめとする実技系科目により各学生が必要とする技術・音楽的技能を学ぶことができる。
  • 音楽文化コースでは現場学習等の科目により、実際の現場で必要とされる技能を身に付ける。
  • 合唱、各アンサンブル、オペラ等の科目を通してアンサンブル能力、現場対応能力、音楽文章力養成講座などの科目を通して文章力を身に付ける。
  • 海外研修、英語や他の語学科目により、国際的視点に立った幅広いコミュニケーション能力を身に付ける。
  • 音楽特講、学内外の様々な演奏会、オペラ、アンサンブル等の科目、インターンシップを通して、社会人としての力を身に付ける。
アドミッション・ポリシー (入学者受け入れの方針)

 音楽学科では、本学科の教育目的と目標を理解し、本学科での学びをとおして成長し、自立した人間として社会に積極的に関わる意志と能力を身につけたいと願う者を、入学者として受け入れます。多様な入試制度により、次のような者を選抜します。

  • 音楽をとおして健康で文化的な生活を実現するために自分の能力を活用しようとする意欲を持っている。
  • 音楽の学びを支える根幹としての日本語・外国語についての関心を持っている。
  • 〈演奏表現コース〉に進もうと考えている場合には、演奏・音楽教育・作曲に関する基礎的な力とそれらを学ぶ意欲、〈音楽文化コース〉に進もうと考えている場合には、世界の音楽に関する基礎的な知識と音楽に関連する文化・マネジメントに対する関心を持っている。
活水くすのきポータル
東京2020 オリンピック・パラリンピック

Top