活水女子大学ロゴ

topmenu

topmenu

topmenu

マーク活水女子大学の教育目的と目標、3つのポリシー
およびアセスメント・ポリシー

食生活健康学科

健康生活学部食生活健康学科の教育目的と目標

 食生活健康学科は、人々の健康的な生活を支援するため、実践的能力を備えた管理栄養士の育成を目的とします。この目的を達成するために、以下の目標を掲げています。

  • 生活習慣病などの疾病の予防や治療に求められる高度な専門的知識と技能を修得する。
  • 食生活の改善を目的とした栄養指導を通じて、生活の質の向上を図る実践的能力を養う。
  • 「食育」と「運動指導」に対応するため、栄養教諭および健康運動実践指導者を養成する。
3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー (学位授与の方針)

 食生活健康学科では、所定の単位を修得し、次のような能力を身につけた学生に対して、学士(栄養学)の学位を授与します。

  • 人々の健康と幸福に寄与したいという熱意を有する。
  • 専門的知識やスキル向上のために自己研鑽を惜しまない姿勢を有する。
  • 人間の健康の維持・増進および疾病の発症予防・重症化予防に関する専門的知識を有する。
  • 疾病の発症予防・重症化予防の栄養管理ができる。
  • 対象者に応じて給食経営管理ができる。
  • 管理栄養士として適切に他者とコミュニケーションをとることができる。
  • 科学的な根拠に基づいて対象者の健康状態を分析できる。
  • 栄養ケアプランを立てることができる。
カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

 食生活健康学科では、学科の教育目的と目標を達成することができるよう、以下のような方針でカリキュラムを編成します。

  • 社会および環境と健康の関わりを理解するための科目を配置する(人々の健康の維持・増進と社会および環境の関りを理解するために必要な、保健・医療・福祉等についての基礎知識ならびに環境因子について学習する。また、衛生行政、衛生法規、地域保健対策などについて理解する。)
  • 人体の構造と機能および疾病の成り立ちを理解するための科目を配置する(人体を、生体成分、細胞、組織、臓器・器官、器官系および個体レベルで理解する。さらに、人におけるホメオスタシス(恒常性)維持機構を、神経性調節、内分泌性調節、免疫による生体防御機構から説明できる。管理栄養士が学ぶべき疾病の原因、病態、症候について人体の構造と機能に関連づけて理解し、診断、治療の概要について学習する。)
  • 食べ物と健康の関連を理解するための科目を配置する(食品の化学成分(栄養成分、嗜好成分、機能性成分等)の構造・性質、物性等の基礎知識および調理・加工による変化について学習する。栄養管理を必要とする対象者の栄養性・嗜好性に配慮した食物を調整する技術を習得する。食品の表示、安全性について学習する。)
  • 栄養素等のはたらきを理解するための科目を配置する(栄養素等の生体内でのはたらき、それらの相互作用について理解し、健康維持・増進、疾病予防の活用に発展させる。)
  • 栄養管理について理解するための科目を配置する(栄養管理プロセスの遂行に必要な食事摂取基準の活用法、食事調査法を習得する。)
  • ライフステージ等における身体特性と栄養管理について理解するための科目を配置する(生体の形態的、機能的な特徴をライフステージ別に理解する。運動時および特殊な気温、気圧、重力環境下における生体機能の変化を理解する。各ライフステージ、運動時における生活環境、食生活や栄養素等摂取の特徴を理解し、それに基づく栄養管理を習得する。)
  • 医療・福祉における栄養管理について理解するための科目を配置する(栄養ケアマネジメントについて理解し、対象者の状況に応じて適切に栄養管理を行うことができる。)
  • 健康・栄養管理の実践を理解するための科目を配置する(栄養教育に関わる基礎学問領域について概要を理解し、栄養教育に応用できるようにする。そのうえで、対象者(個人または集団)の栄養評価と栄養診断の結果を踏まえ、栄養介入のためのプログラムを計画立案し、実施する。実施結果を評価(判定)し、評価(判定)に基づき栄養教育プログラムを再立案するという、一連の栄養教育の方法を学び、実践的に展開できる能力を習得する。)
  • 給食と経営管理を理解するための科目を配置する(給食施設における特定多数の人々の栄養管理を、効率的かつ効果的に継続して実施していくためのシステムおよびマネジメントについて、経営管理の理論に基づき習得する。)
  • 管理栄養士としての総合的な力量を高めるための科目を配置する(現象を的確に捉えて問題点を把握して課題解決に向けた目標を設定し、計画を立て、実施し、結果を解析して評価を行い、それらを報告書や論文に取りまとめることができる能力を習得する。また、臨地での課題発見や目標達成に向けて関連職種と協働関係を構築することができるように、関連職種に関する基本的な知識を学習し、卒業までにインターンシップ制度などの体験学習を通じて、管理栄養士の職務について総合的に理解する。)
アドミッション・ポリシー (入学者受け入れの方針)

 食生活健康学科では、本学科の教育目的と目標を理解し、本学科での学びをとおして成長し、自立した人間として社会に積極的に関わる意志と能力を身につけたいと願う者を、入学者として受け入れます。多様な入試制度により、次のような者を選抜します。

  • 「生物」や「化学」を学んでいることが望ましいが、いずれかを学んでいない場合には、入学後に積極的に学ぶ意欲を持っている。
  • 食品と調理に関心を持ち、積極的に学ぶ意欲を持っている。
  • 栄養・食生活・運動の改善をとおして、人々の健康の増進と豊かな生活の維持・発展に貢献しようとする意欲をもっている。
活水くすのきポータル
東京2020 オリンピック・パラリンピック

Top