活水女子大学の教育目的と目標・3つのポリシー

 

食生活健康学科

 

健康生活学部生活デザイン学科の教育目的と目標

 生活デザイン学科は、人々の生活をより豊かにするために、デザインを創造する感性や技術を磨き、環境に配慮しながら健康で快適な生活を実現させることのできる専門的・実践的能力を持った人間を育成することを目的としています。この目的を達成するために、以下の目標を掲げています。

  • 1.デザインの魅力を探り、人々の生活や社会・環境への配慮について学ぶ。
  • 2.審美性・機能性などの個別要因と、生産・流通・廃棄などの社会的サイクルについて学び、豊かで持続可能な生活を実現するための知識と実践的能力を育てる。
  • 3.様々な価値観と高度化・複雑化した生活の環境要素を理解し、自由で多様なライフスタイルを尊重したデザインを実現することのできる力を育てる。
 
3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー (学位授与の方針)

 生活デザイン学科では、所定の単位を修得し、次のような能力を身につけた学生に対して学士(家政学)の学位を授与します。

  • 1.プロダクトデザイン、コンピュータグラフィック、ファッション・アパレル、インテリア・住居・建築、環境・文化などに関する専門知識や技術を身につけている。
  • 2.社会に適応し活躍するために必要な課題解決能力を身につけている。
  • 3.これらの知識・技術および能力を用いて、客観的な視点から社会に貢献しようとする姿勢を有している。

カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

 生活デザイン学科では、学科の教育目的と目標をふまえ、それらを達成するために、以下のような方針でカリキュラムを編成します。

  • 1.デザインについての専門的な知識と技能を習得し、理論と実践の両面から十分に理解把握するため、講義・演習に加えて実験・実習を多く配置する。
  • 2.専門教育科目の教育効果を高めるため、系統的に専門基礎科目を配置する。
  • 3.デザインについての高度な専門的知識・技能を習得するため、専門教育科目を配置する。
  • 4.専門分野全体を統合し、さらに深い総合的能力を獲得するための科目を、必修として配置する。また、学んできたことの集大成として卒業研究を配置する。
  • 5.資格取得のために、教育職員免許状を取得する教職課程、学校図書館司書教諭課程、建築士受験資格、図書館司書課程の科目を配置する。

アドミッション・ポリシー (入学者受け入れの方針)

 生活デザイン学科では、本学科の教育目的と目標を理解し、本学科での学びをとおして成長し、自立した人間として社会に積極的に関わる意志と能力を身につけたいと願う者を、入学者として受け入れます。多様な入試制度により、次のような者を選抜します。

  • 1.デザインに関心があり、コンピュータの活用に興味を持っている。
  • 2.オリジナルなデザインを目指すために、独創的で創造的な姿勢を持っている。
  • 3.入学までに、芸術・デザイン・工芸関連の教科・科目をなるべく学んでおくことが望ましい。
 
 
■東山手キャンパス(本部)
〒850-8515 長崎市東山手町1-50 TEL:095(822)4107 FAX:095(828)3702
■新戸町キャンパス (音楽学部・健康生活学部(食生活健康学科))
〒850-0954 長崎市新戸町3丁目1004-1 TEL:095(879)7110 FAX:095(879)7111
■大村キャンパス (看護学部)
〒856-0835 大村市久原2丁目1246-3 TEL:0957(27)3005 FAX:0957(27)3007