活水女子大学ロゴ

topmenu

topmenu

topmenu

マーク活水女子大学の教育目的と目標、3つのポリシー
およびアセスメント・ポリシー

生活デザイン学科

健康生活学部生活デザイン学科の教育目的と目標

 生活デザイン学科は、人々の生活をより豊かにするために、デザインを創造する感性や技術を磨き、環境に配慮しながら健康で快適な生活を実現させることのできる専門的・実践的能力を持った人間を育成することを目的としています。この目的を達成するために、以下の目標を掲げています。

  • デザインの魅力を探り、人々の生活や社会・環境への配慮について学ぶ。
  • 審美性・機能性などの個別要因と、生産・流通・廃棄などの社会的サイクルについて学び、豊かで持続可能な生活を実現するための知識と実践的能力を育てる。
  • 様々な価値観と高度化・複雑化した生活の環境要素を理解し、自由で多様なライフスタイルを尊重したデザインを実現することのできる力を育てる。
3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー (学位授与の方針)

 生活デザイン学科では、所定の単位を修得し、次のような能力を身につけた学生に対して学士(家政学)の学位を授与します。

  • 生活デザインに関する専門知識を修得している。
  • 生活者の視点から問題を発見し、解決し、表現する能力、およびコミュニケーション能力を修得している。
  • 生活デザインに関する専門技術を修得している。
  • 地域・社会において、生活の向上のために貢献する意志と姿勢を有している。
カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

 生活デザイン学科では、学科の教育目的と目標をふまえ、それらを達成するために、以下のような方針でカリキュラムを編成します。

  • デザインについての基礎的な理論を理解・把握し、知識を修得するため、専門基礎科目に講義・演習を配置する。
  • デザインについての専門的な理論を理解・把握し、知識を修得するため、専門科目に講義・演習を配置する。
  • デザインの思考や方法論に基づく課題発見力、発想力、問題解決力、企画力、構成力、表現力を修得するため、講義・実習・演習を配置する。
  • コミュニケーション力を修得するため、課題に対する研究・制作において、プレゼンテーションを取り入れる。
  • デザインについての基礎的な理論・知識とともに、実践的な技術・技量を修得するため、専門基礎科目に実習・演習を配置する。
  • デザインについての専門的な理論・知識とともに、実践的な技術・技量を修得するため、専門科目に実習・演習を配置する。
  • 修得した専門性を踏まえ、社会・地域の課題に着目し、改善・発展への提案を行う機会を設ける。
  • 専門性が該当する学外のデザインコンクール、建築のコンペ、美術展への応募や、資格取得などへの取組を促し、助言・指導する。
  • デザインソース、アイディアを得るための調査・研究・スケッチなどを課題に取り入れる。
アドミッション・ポリシー (入学者受け入れの方針)

 生活デザイン学科では、本学科の教育目的と目標を理解し、本学科での学びをとおして成長し、自立した人間として社会に積極的に関わる意志と能力を身につけたいと願う者を、入学者として受け入れます。多様な入試制度により、次のような者を選抜します。

  • 人間の生活をとりまくデザインに関心があり、積極的に学ぶ意欲を持っている。また、主にデザインと関連する情報技術の活用に興味を持っている。
  • 創造的なデザインを志向し、社会において、実現していく姿勢を持っている。
  • 入学までに、家庭・芸術(美術)・デザイン・工芸関連の教科・科目を学んでおくことが望ましい。
活水くすのきポータル
東京2020 オリンピック・パラリンピック

Top