活水女子大学ロゴ

topmenu

topmenu

topmenu

マーク活水女子大学の教育目的と目標・3つのポリシー

子ども学科

健康生活学部子ども学科の教育目的と目標

 子ども学科では、キリスト教の理念及び子どもの権利条約の理念にのっとり、子どもの発達を踏まえた支援を行い、社会に貢献できる専門職を養成することを目的としています。この目的を達成するために、以下の目標を掲げています。

  • キリスト教の理念に基づく人間観を理解し、子どもの権利を擁護する基本的姿勢を育成する。
  • 乳幼児期を人格形成にとって重要な時期と位置づけ、子どもの最善の利益を考慮して発達を支援することのできる専門的知識、技術、実践力を育成する。
  • 子どもを取り巻く家庭、地域、社会についての理解を深め、広い視野に立って社会の福祉と発展に貢献できる力を育成する。
3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー (学位授与の方針)

 子ども学科では、本学科の教育目的と目標に沿って学び、所定の単位を修得し、次のような能力を身につけた学生に対して、学士(子ども教育学)の学位を授与します。

  • 本学科の教育目的と目標を理解し、幅広い教養を身につけ、キリスト教の理念に基づく人間観や子どもの権利について思索・探究する。
  • 子どもの最善の利益を考慮して発達を支援することのできる専門的知識、技術及び実践力を身につけている。
  • 子どもを取り巻く家庭・地域・社会についての理解を深め、広い視野に立って社会の福祉と発展に貢献する意志を持っている。
カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

 子ども学科では、本学科の教育目的と目標を踏まえ、それらを達成するために、以下のような方針でカリキュラムを編成します。

  • キリスト教の理念に基づく人間観や子どもの権利を擁護する基本的姿勢を身につけるために、キリスト教の理念と子どもの権利について学ぶ科目を配置する。
  • 専門性を身につけるための専門教育科目を、基礎的なものから実践的なものへと段階的・体系的に配置する。
  • 実践力を育成するために、保育士養成課程は2年次から、教職課程は3年次から実習科目を配置する。
  • 本学科での学びの成果をまとめ、卒業後の実践力や社会に貢献する力を身につけるために、4年次に卒業論文・卒業制作に関する科目を配置する。
  • 保育士養成課程及び教職課程(幼稚園教諭一種、養護教諭一種)、学校図書館司書教諭課程、図書館司書課程、学校司書課程のほか、本学科独自の子ども英語指導者養成課程のための科目を配置する。
アドミッション・ポリシー (入学者受け入れの方針)

 子ども学科では、本学科の教育目的と目標を理解し、本学科での学びをとおして成長し、自立した人間として社会に積極的に関わる意志と能力を身につけたいと願う者を、入学者として受け入れます。多様な入試制度により、次のような者を選抜します。

  • 子どもや家庭を支援する専門職になる意欲を持っている。
  • 子どもの保育・教育・福祉・保健・心理・文化に関心を持っている。
  • 「国語」「英語」「地理歴史」「公民」「数学」「生物」「化学」の基礎的な学力をつけておくことが望ましい。
活水くすのきポータル
東京2020 オリンピック・パラリンピック

Top