活水女子大学ロゴ

topmenu

topmenu

topmenu

マーク活水女子大学の教育目的と目標、3つのポリシー
およびアセスメント・ポリシー

子ども学科

健康生活学部子ども学科の教育目的と目標

 子ども学科では、キリスト教の理念及び子どもの権利条約の理念にのっとり、子どもの発達を踏まえた支援を行い、社会に貢献できる専門職を養成することを目的としています。この目的を達成するために、以下の目標を掲げています。

  • キリスト教の理念に基づく人間観を理解し、子どもの権利を擁護する基本的姿勢を育成する。
  • 乳幼児期を人格形成にとって重要な時期と位置づけ、子どもの最善の利益を考慮して発達を支援することのできる専門的知識、技術、実践力を育成する。
  • 子どもを取り巻く家庭、地域、社会についての理解を深め、広い視野に立って社会の福祉と発展に貢献できる力を育成する。
3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー (学位授与の方針)

 子ども学科では、本学科の教育目的と目標に沿って学び、所定の単位を修得し、次のような能力を身につけた学生に対して、学士(子ども教育学)の学位を授与します。

  • 現代社会において子どもや家庭の抱えている生活問題とその解決の在り方を社会全知との関係性のなかで理解する。
  • 子どもの成長・発達についての確かな知識と技術を有し、主体的な学習の中で培われる創造的思考力を用い、問題解決に向けた実践に活かすことができる。
  • 実習を通して総合的な保育・教育実践力を身に着け、実践し、保育・教育、子育て支援の場において現実的で適切な対応ができる。
  • ボランティア活動や地域貢献における様々な人間関係を通して自己管理および生涯にわたり、学ぶ姿勢を継続できる。
カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

 子ども学科では、本学科の教育目的と目標を踏まえ、それらを達成するために、以下のような方針でカリキュラムを編成します。

  • 対人援助職として求められる自己覚知と対人理解につながる基礎的な知識と姿勢を体験的に学ぶ。
  • 福祉や教育の場で求められる知識・技能の習得のための専門科目を分野別に体系性・順序性にしたがい配置している。
  • 3年次から4年次の2年間のセミナー(ゼミ)を必修とし、専門科目を中心とする教育内容の統合と総合化を行う。
  • 一人ひとりの進路や目的に応じて資格及び免許が取得できるよう、保育学と教育学をベースに専門科目を系統的・体系的に配置する。
  • 実学教育を実施し、実践するために、各専門職に応じた現場実習を段階的に行う。
  • 建学の精神に基づき、その具体的な実践としてボランティア活動への参加を実習条件とすることで、実社会に主体的に参与する心構えや地域とのつながりなどの共同的な姿勢について体験的に学ぶ。
  • 学生の適性やキャリア形成を見据えた組織的なキャリア教育を展開する。
アドミッション・ポリシー (入学者受け入れの方針)

 こども学科は、卒業認定・学位授与の方針および教育課程の編成・実施の方針との関連性を踏まえて、入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)を定めます。多様な入試制度より、次のような者を選抜します。

  • 高等学校などでの基礎的諸科目教科の学習内容を理解し、主要科目に関する基本的な知識を習得できている。
  • 本学科の教育目的および教育目標を理解し、子どもと社会に関心を持ち、地域と社会に貢献する保育・教育者になろうという強い目的意識と継続的な学修への意欲を有している。
  • 自分の考えをもち、物事を論理的にとらえ、それを表現できる力を備えている。
  • 集団のなかでともに学び成長していけるような協調性・柔軟性および基礎的コミュニケーション能力を有している。
  • いのちの大切さを深く理解し、さまざまな状況におかれている人々に寄り添える温かな人間性と他人への共感的な態度を有している。
活水くすのきポータル
東京2020 オリンピック・パラリンピック

Top