活水女子大学の教育目的と目標・3つのポリシー

 

現代日本文化学科

文学部現代日本文化学科の教育目的と目標

 現代日本文化学科は、日本語、日本文学、日本文化、社会を深く理解し、課題発見力・分析力・提言力・解決力を持ち、これらの能力を活かして文化と社会の発展に貢献する人間を育てることを目的としています。この目的を達成するために、以下の目標を掲げています。

  • 1.言語に関わる能力を総合的に向上させることにより、自らの考えを発信し、他者と対話しながら、新しい価値を創造する力を育てる。
  • 2.日本をはじめ世界の多様な文化について深く学び、広く人間社会全体について考える力を育てる。
  • 3.現代社会の様々な課題について、解決の方向性を見出し、他者と協働し、地域・国際社会を発展させるための実践的な能力を育てる。
 
3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー (学位授与の方針)

 現代日本文化学科では、所定の単位を修得し、次の能力を身につけた学生に対して、学士(文学)の学位を授与します。

  • 1.日本語、日本文学、日本文化、社会に関する深い理解と思考力を持ち、他者との対話を通じて、自らの考えを発信していくことができる。
  • 2.社会人としての教養を身につけ、専門知識を活かし、社会の発展に貢献できる。
  • 3.学科での学びをより発展させ、他者と協働して、日本と国際社会とのつながりを作ろうとする意志を持っている。

カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

 現代日本文化学科では、本学科の教育目的と目標をふまえ、それらを達成するために、以下のような方針でカリキュラムを編成します。

  • 1.学びの基礎となる「読む」「聞く」「書く」「話す」という技能を伸ばすための科目を配置する。そのための教材の一つとして新聞を活用する科目を設ける。
  • 2.日本語、日本文学、日本文化、社会について広く学び、より深く考えるための科目を配置する。
  • 3.主体的に学びを深め、他者との議論をとおして身につけた基礎教養を生かし、段階的に発展させていくための演習科目を配置する。あわせて、学内外のさまざまな文化施設を活用し、地域での活動をとおして、社会の中で実践・応用していくための科目を配置する。
  • 4.学科での学びの成果をまとめ、活かしていく力を確実なものとするために、卒業論文・卒業制作を必修として配置する。
  • 5.資格取得のために、教育職員免許状(中・高国語一種)を取得する教職課程、学校図書館司書教諭課程、図書館司書課程、日本語教員養成課程、情報処理士・上級情報処理士の科目を配置する。

アドミッション・ポリシー (入学者受け入れの方針)

 現代日本文化学科では、本学科の教育目的と目標を理解し、本学科での学びをとおして成長し、自立した人間として社会に積極的に関わる意志と能力を身につけたいと願う者を、入学者として受け入れます。多様な入試制度により、次のような者を選抜します。

  • 1.「国語」の基礎的な学力を持っている。「地理歴史」「公民」の基礎的な学力を持っていることが望ましい。また、日本語の基礎的な運用能力を高めたいと願い、社会的な出来事に関心を持っている。
  • 2.日本語、日本文学、日本文化について学ぶ意欲を持っている。
  • 3.日本の芸術や社会制度などについて学び、地域や社会の発展のために貢献しようとしている。
 
 
■東山手キャンパス(本部)
〒850-8515 長崎市東山手町1-50 TEL:095(822)4107 FAX:095(828)3702
■新戸町キャンパス (音楽学部・健康生活学部(食生活健康学科))
〒850-0954 長崎市新戸町3丁目1004-1 TEL:095(879)7110 FAX:095(879)7111
■大村キャンパス (看護学部)
〒856-0835 大村市久原2丁目1246-3 TEL:0957(27)3005 FAX:0957(27)3007