活水女子大学ロゴ

topmenu

topmenu

topmenu

マーク活水女子大学の教育目的と目標、3つのポリシー
およびアセスメント・ポリシー

日本文化学科

国際文化部日本文化学科の教育目的と目標

 日本文化学科は、日本語、日本文学、日本文化、社会を深く理解し、課題発見力・分析力・提言力・解決力を持ち、これらの能力を活かして文化と社会の発展に貢献する人間を育てることを目的としています。この目的を達成するために、以下の目標を掲げています。

  • 言語に関わる能力を総合的に向上させることにより、自らの考えを発信し、他者と対話しながら、新しい価値を創造する力を育てる。
  • 日本をはじめ世界の多様な文化について深く学び、広く人間社会全体について考える力を育てる。
  • 現代社会の様々な課題について、解決の方向性を見出し、他者と協働し、地域・国際社会を発展させるための実践的な能力を育てる。
3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー (学位授与の方針)

 日本文化学科では、所定の単位を修得し、次の能力を身につけた学生に対して、学士(日本文化)の学位を授与します。

  • 日本語・日本文学・日本史・日本の地域・日本の社会を包摂する日本文化の基本的知識をもち、その構造を理解している。
  • 日本文化についての知識・理解をもとに、日本国内外の地域や社会の問題点に気がつき、解決する方法を考える志向を身につけている。
  • 日本文化を踏まえて異なる文化や異なる思考を同等の価値を持つものとして評価することができる。
  • 日本文化について考察して、その全体または部分を表現できる。
  • 日本文化に関わる高度な知識・理解・表現力に基づいて、国語教員・日本語教員・司書として必要な専門的能力を修得し、あるいは地域の課題を解決する提案や組織の経営に関わる企画を作成し、実行に移す能力を獲得している。
  • 日本文化に関わる事象の特徴・特色に関心を持ち、それを発見しようとし、それを応用して社会に貢献しようとする態度を身につけている。
カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

 日本文化学科では、本学科の教育目的と目標をふまえ、それらを達成するために、以下のような方針でカリキュラムを編成します。

  • コースごとに専門基盤科目(「キャリアデザイン実習」を除く)で広い意味での日本文化の基礎知識を修得し、基礎セミナーで実践的に理解する。
  • 現代社会を取り扱う授業で、日本社会の構造や問題点を知り、それ以外の授業で得た知識や思考方法も参考にしながら、解決の方法のサンプルケースを修得する。
  • 日本以外の文化、あるいは外国人に対する日本語教育等の科目で日本文化以外の思考や価値の存在を知り、また日本社会の歴史や日本語の成り立ちを学ぶ科目で、日本文化自体を相対化する視点を修得する。
  • 専門科目の多くで、日本文化に関する多様な考察や表現の方法を学ぶ。
  • 専門セミナー・コースセミナー・教科教育法、あるいはキャリアデザイン実習において、それぞれが目指す職業に適当な技能を実践的に修得する。そして卒業論文・卒業制作において、その技能の発揮の仕方を学ぶ。
  • 多くの専門科目による多様な文化現象の知識と思考方法を学び、専門セミナーや卒業論文・卒業制作を通じてその一部を自己に内面化することで、日本文化に関わる事象への関心をもち、解決方法を導き出せる自信を持つことで社会に貢献する意欲をもつ。
アドミッション・ポリシー (入学者受け入れの方針)

 日本文化学科では、本学科の教育目的と目標を理解し、本学科での学びを通して成長し、自立した人間として社会に積極的に関わる意志と能力を身につけたいと願う者を、入学者として受け入れます。多様な入試制度より、次のような者を選抜します。

  • 「地理歴史」「公民」の領域に強い関心を持っており、基礎的な日本語能力を有している。
  • 文学作品や伝統文化、映画・演劇・アニメ作品などの文化現象、地域・社会の出来事に関心を持ち、自分なりの解釈や評価を表現し主張する力がある。
  • 「日本語日本文学コース」においては、教育に関心を持ち、教え教えられる関係を通じて、ともに学ぼうとする姿勢を持っている。
  • 「地域ビジネスコース」においては、社会への関心や地域への愛着を持ち、その将来を担う意欲を有している。地域活動、学内外の団体の運営に関わる経験等を有していることが望ましい。
活水くすのきポータル
東京2020 オリンピック・パラリンピック

Top