活水女子大学ロゴ

topmenu

topmenu

topmenu

マーク活水女子大学の教育目的と目標、3つのポリシー
およびアセスメント・ポリシー

英語学科

文学部英語学科の教育目的と目標(2018年度より国際文化学部英語学科に名称変更)

 英語学科は、英語圏の言語・文学・文化のあり方の探究をとおして、文化的・社会的事象に関する理解力とコミュニケーション能力を身につけた、国際的視野を持つ人間を育てることを目的としています。この目的を達成するために、以下の目標を掲げています。

  • 英語運用能力、すなわち英語コミュニケーションのための基礎能力(リスニング・スピーキング・リーディング・ライティング)習得と、これらを応用し、論文作成や討議、発表などができる技能の育成を目指す。
  • 英語圏の国々をはじめとする諸外国の言語・文学・文化を学び、その背景にある社会や歴史に関する理解を深める力を養う。
  • 英語運用能力と国際的視野を備え、他者と共働して社会に貢献できる力を育てる。
3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー (学位授与の方針)

 英語学科では、所定の単位を修得し、次のような能力を身につけた学生に対して、学士(英語)の学位を授与します。

  • 英語圏の国々をはじめとする諸外国の言語・文学・文化を学び、その背景にある社会や歴史に関する知識を修得している。
  • 明晰かつ批判的に思考することができ、論文、発表として表現できる。
  • コミュニケーションのための英語運用能力を修得している。
  • 他者の意見や価値観を尊重することができ、国際的視野に立って連携して社会に貢献する力を備えている。
カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

 英語学科では、学科の教育目的と目標を達成することができるように、以下のような方針でカリキュラムを編成します。

  • 専門研究科目の異文化理解系に、海外や日本の文化・文学を学ぶ科目を設置する。英語学の知識を修得し英語教授法を学ぶ英語教育系科目を配置する。
  • 問題意識をもって自ら調査、分析した内容を論理的な文章で説明し、さらに口頭で発信するプレゼンテーション能力を身につけるために演習科目を配置する。
  • 本学科での学びの成果のまとめとして、卒業研究を必修として配置する。
  • 英語力を養成するための科目を基盤科目とし、4年間にわたって段階的、体系的に配置する。
  • 専門研究科目の異文化理解系に、異文化コミュニケーションを学ぶ科目を設置する。
  • 専門研究科目の国際キャリア系に、ビジネスや観光など実践応用の場で国際的視野をもち活躍できる力を養成する科目を設置する。
アドミッション・ポリシー (入学者受け入れの方針)

 英語学科では、本学科の教育目的と目標を理解し、本学科での学びをとおして成長し、自立した人間として社会に積極的に関わる意志と能力を身につけたいと願う者を、入学者として受け入れます。多様な入試制度により、次のような者を選抜します。

  • 英語に関心があり、英語の基礎的な学力・運用能力を持っている。目安としては、実用英語技能検定(英検)準2級以上の能力を持っている。
  • 世界の言語や文化について理解を深めようとし、かつ、母語や自国の文化についても関心を持ち、他者と関わりながら自らの能力を高めたいと考えている。
  • 国際的視野に立った幅広い教養と英語運用能力を身につけたいと考えている。
活水くすのきポータル
東京2020 オリンピック・パラリンピック

Top