活水女子大学ロゴ

topmenu

topmenu

topmenu

先の見えない 世界を生きる

 今、大学での学びは大きな曲がり角にさしかかっています。AI(人工知能)やIotといった新しいネット技術、国内の少子高齢化、生産労働人口の減少、そして社会保険や年金制度の維持など将来の日本の成長に大きな影を及ぼす社会に大学での学びも大いに係っているからです。そのようななかで、皆さんは大学で何をどのように学ぶかを真剣に問わねばならない時代となりました。特に少子高齢化は先進国のなかでも日本はその先頭を走っています。文部科学省も高大接続教育、ポリシー設定による基本理念に立っての大学の教育改革を推進しています。知識・技能を習得し、判断・思考力を育て、主体的に他者と共に働くことができる、グローバルな社会変化に対応できる専門性をもった人材が、国内でそして世界で必要とされています。

 国内の人口推移予測によれば、この後50年で日本女性の平均余命は90歳を超えます。現在の定年は65歳ですが、皆さんがその年齢になる50年後には、定年はおそらく70歳になっているでしょう。でなければ社会保障、とりわけ年金制度は成立しないからです。終身雇用制度に代わり職能給与制や、転職による複数の職種をほとんどの人々が経験する社会、それが女性も含めた平均的な就業モデルとなるでしょう。

 このような長期的な予測を前提とすると、短絡的な即践力は直ぐに陳腐なものになる世界が直ぐ目の前に来ています。

 活水学院は1879年に米国の女性宣教師により設立されました。活水の教育の方針は創立以来一貫しています。受けた恵みの水である愛を感謝をして他者と分かち合うことです。この教育は138年間、陳腐化することなく生きてきました。これは学院の教育目標であり、また大学で設定したディプロマ・ポリシーでもある自立した「職業人」教育の土台です。

 「命」に感謝をして一日を始められる人は、その「命の大切さを自分のこととして」わかる人です。これは一日一日を大切に前向きに生きる姿勢であり、悩みや苦しみ、孤独にさいなむ人の心に共感し、理解できる能力です。人工知能(AI)が普及しても人のみが持てる本当の「知性」です。

 大学は専門的な学びを通しての真理を追究する場です。そのためには自己吟味と他者への共感性、自由と責任を包括した「知性」をもたなければ自立した女性にはなれないでしょう。

 活水女子大学は社会に貢献でき自立できる職業人を世に送ります。自覚的な感謝の心はすべての学びの礎です。活水女子大学の生活が毎日の朝にいのちへの感謝から始まるようにと期待します。

活水女子大学 学長
湯口隆司

活水くすのきポータル

Top