活水学院ロゴ

活水のパイプオルガン

活水のパイプオルガン

新戸町キャンパス

音楽ホール

製作:THE NOACK ORGAN COMPANY(アメリカ)
完成:1996年

アメリカ・ノアック社による制作。このオルガンは活水同窓会の寄付により設置されました。活水で最も大きな楽器で、バッハからフランス近現代の音楽まで幅広く演奏できます。オルガンコンサートの他、普段はオルガンのレッスンや練習に使用しています。オルガン中央の部分には美しい彫刻が施されており、これは旧約聖書の「ノアの方舟」をモティーフにしています。
 

パイプオルガン

GREAT:C-a'''

  • Bourdon 16’
  • Principal Ⅰ-Ⅱ 8’
  • Chimney Flute 8’
  • Octave 4’
  • Harmonic Flute 4’
  • Twelfth 2 2/3’
  • Fifteenth 2’
  • Seventeenth 1 3/5’
  • Mixture Ⅳ 1 1/3’
  • Trumpet 8’

SWELL:C-a'''

  • Diapason 8’
  • Gedackt 8’
  • Gamba 8’
  • Celeste 8’ 
  • Principal 4’’
  • Recorder 4’
  • Gemshorn 2’ 
  • Sesquialtera Ⅱ
  • Mixture Ⅳ 2’’
  • Cornopean 8’
  • Oboe 8’

PEDAL:C-g’

  • Stopt Bass 16’
  • Diapason 8’
  • Stopt Diapason 8’
  • Octave 4’
  • Trombone 16’
  • Trumpet 8’
  • Tremulant(tremblant douce)
  • Zimbelstern(8 bells)
  • Temperament:Valotti
  • Mechanical action
  • Electric stop action(10×24 combinations)

MU315練習室

製作:THE NOACK ORGAN COMPANY(アメリカ)
完成:1996年

アメリカ・ノアック社による制作。練習用楽器として制作され、目の前でパイプが発音するため、オルガンの「タッチ」の練習に最適。
 

Manual Ⅰ:c-g'''

  • Gedackt 8'
  • Principal 4'

MANUAL Ⅱ:c-g'''

  • Recorder 8'

PEDAL:C-f'

  • Stopt Bass 8'
  • Principal 4'

Temperament:Valotti

パイプオルガン

チャペル

製作:マナオルゲルバウ(日本)
完成:1995年

1段手鍵盤と足鍵盤を持ち、移動が可能な楽器。毎年、クリスマスには長崎県美術館に移動して、演奏しています。
 

Manual C-g'''

  • Gedackt 8'
  • Rohrflöte 4'
  • Principal 2'
  • Quinte 1 1/3'

Pedal

Pull down

Temperament:Neidhardt Ⅰ

パイプオルガン

東山手キャンパス

大チャペル

製作:WERNER BOSCH(ドイツ)
完成:1983年

長崎市内で最も古いパイプオルガンの1つ。ドイツ・ボッシュ社は、ネオバロック様式のオルガンを多数制作していますが、大チャペルのこの楽器は、幅広いオルガン音楽に対応できるように、設置後、何度かの修復・調整を経て現在に至ります。大学のチャペルアワーなどの奏楽の他、コンサートにも使用されています。
 

Hauptwerk:C-g'''

Quintade 16’

Principal 8’

Gemshorn 8’

Oktave 4’

Superoktave 2’

Mixtur Ⅳ 1 1/3’

Holztrompete 8’

Schwellwerk:C-g'''

Gedackflöte 8’’

Praestant 4’

Rohrflöte 4’

Sesquialter Ⅱ

Flöte 2

Zimbel Ⅳ 1’

Cromorne 8’

Pedalwerk:C-f’

Subbass 16’

Oktave 8’

Gedackt 8’

Choralbass 4’

HintersatzⅣ 2 2/3’

Fagott 16’

 

Tremulant(Man.Ⅱ)

Temperament:Well tempered

Mechanical action

Electric stop action(6 combinations)

パイプオルガン

小チャペル

製作:Walker Organ(イギリス)
完成:1991年

イギリスのウォーカー社制作の楽器。元々は練習楽器として制作されたため、小さい楽器ながら音域が広く、どの時代の音楽にも対応できる楽器です。小チャペルで行われる礼拝や結婚式にも使用されています。
 

MANUAL Ⅰ: C-a'''

  • Gedackt 8’
  • Principal 2’

MANUAL Ⅱ: C-a'''

  • Gedackt 8’
  • Rohrflute 4’

Pedal: C-f'

  • Flute 8’

パイプオルガン

531レッスン室

製作:辻オルガン(日本)
完成:1996年

日本の草分け的オルガン制作家、故辻宏氏による制作。左側には「ふいご」が2台あり、このふいごは人力でオルガンに風を送ることが可能となっています。バロック時代のオルガン音楽を演奏するために最適の楽器で、バッハなどの作品の練習に使用されています。
 

MANUAL Ⅰ:C-f'

  • Gedackt 8’
  • Principal 4’
  • Nasad(b/d) 2 2/3’
  • Waldfloete(b/d) 2’
  • Terz(b/d) 1 3/5’
  • Mixtur Ⅱ

MANUAL Ⅱ:C-f'''

  • Floete douce 8'
  • Gedackt 4'
  • Regal 8'

PEDAL:C-f'

  • Subbass 16'

Temperament:Werckmeister Ⅲ
(adjusted by Tsuji)

  • 手動ふいご装置、又は電動装置ブローワ

パイプオルガン

大村キャンパス

チャペル

製作:神戸オルガン
完成:2015年

北ドイツのウトゥム(UTTUM)の楽器を元に制作。ウトゥムの楽器には足鍵盤はありませんが、大村の楽器には足鍵盤も備え付けました。ルネサンス様式のオルガンで、日本でも珍しいタイプの楽器です。礼拝の奏楽に最適な楽器ですが、ルネサンス時代の音楽を中心に様々な音楽を演奏できます。
 

MANUAL  CDEFGA–c³

  • Praestant 8′
  • Quintadeen 16'
  • Gedact 8′
  • Octaaf 4′
  • Octaaf 2′
  • Sesquialtera II
  • Mixtur III–IV
  • Trompet 8′

PEDAL  CDEFGA–d'

  • Pull down
  •  
  •  
  • Tremulant
  • 調律法: Mitteltönige Stimmung a¹=470

パイプオルガン

学校法人 活水学院 〒850-8515 長崎市東山手町1-50
TEL:095(822)4107 FAX:095(828)3702

Top