活水高等学校 活水中学校

会長からのメッセージ

 私はこの度、任期満了で6年間同窓会の会長を務められました森惠子さんの後任として、2021年度から会長を引き継ぐことになりました。
 活水学院は明治12年、日本の女性にも教育が必要とアメリカから2人の女性宣教師、ラッセル先生とギール先生(後に福岡女学院を創立)が派遣され、一人の女生徒から始まりました。そして2019年に創立140年を迎えました。同窓会は2022年に創設130周年を迎えます。明治25年には19名の卒業生となり、まだ女性が社会に出て活躍することが厳しかった時代、卒業しても繋がりを持ち、助け合うことができるようにとラッセル先生の卒業生への暖かいまなざしが、同窓会の誕生です。現在は国内に18、アメリカを含めますと19の支部からなり、会員は約4万人という大きな同窓会に成長しました。
 同窓会は生徒・学生さん達へのサポートをしています。部活動への支援。内部進学生への奨学金。海外へ留学を希望している卒業生、国内で大学院を目指している卒業生を支援するための「チャリティーコンサート」など。昨年からコロナ禍で行事が開催できなかったのですが、今年も「クリスマス讃美礼拝」は小チャペルで開催を予定しています。小チャペルは東山手キャンパスのシンボル的存在の場所です。優しい黄色のステンドグラスに包まれる小チャペル。まるで外国の礼拝堂に入ったような空間です。
 そこで一緒にクリスマスの讃美礼拝に参加してみませんか。優しいパイプオルガンの響きに載せて歌う讃美歌は心落ち着くひと時です。誰でも参加可能です。勿論男性も…
 学院も、同窓会も長い歴史を持ち、同窓会に残されている資料などに触れる度に、誇らしさを感じます。これまでに素晴らしい働きを残してこられた先輩たち。同じ「活ける水」を汲んだ後輩たち。その流れを引き継いでいくのが同窓会だと思っています。
 重厚な活水の歴史をコワに多様化した時代を如何に進んで行くかが、これからの同窓会の課題だと思っています。皆様のお力が必要です。どうぞ宜しくお願いいたします。

同窓会

http://www.kwassui.ac.jp/dousoukai/dousoukai.html
同窓会会長 永吉美恵子
Copyright © Kwassui senior high school and junior high school. All rights reserved

ページトップ