氏  名

井上 高博
INOUE Takahiro

職  名

准教授

学  位
略  歴

博士(看護学)

専門領域

在宅看護

主要担当科目

在宅看護学概論、在宅看護学実習、看護医療情報学

所属学会

日本地域看護学会、日本公衆衛生学会

研究活動等

【学術論文等】 ・井上高博,錦戸慶恵,山口善子(2021):他者との多くの交流と高い活動能力をもつ離島高齢女性の他者への思いに関する事例報告,活水論文集,7,p35-40 ・井上高博,山口善子(2020):離島・都市部・農村部に住む虚弱高齢者の活動能力と人付き合いに関する性差,地域活性研究,12,p9-14 ・井上高博(2018):離島在住の要支援高齢者におけるソーシャル・キャピタルと生活機能の特徴-都市部・農村部を対照地域として.日本地域看護学会誌21(3),p24-31 ・Yoshiko Yamaguchi, Takahiro Inoue(2017):Home Care Nurse’s Work and Family: Is it Effective for Nursing to Fulfill a Family Role? LIFE: International Journal of Health and Life-Science3(1), p1-13 ・Yoshiko Yamaguchi, Takahiro Inoue, Hiroko Harada, Miyako Oike(2016):Job Control, Work-family balance and nurses’ intention to leave their profession and organization: A comparative cross-sectional survey. International Journal of Nursing Studies64, p52-62 【著書等】 ・磯博康, 木山昌彦, 佐藤眞一, 山岸良匡, 谷川武, 井上高博, 嶽崎俊郎, 白井 こころ(2015):離島・農村における健康づくりへの住民参加促進ハンドブック

社会活動等

長崎みなとメディカルセンター看護研究指導

受験生・保護者の方へのメッセージ

様々なバックグラウンドをもつ人々が、地域社会で心身ともに健康(well-being)に暮らすための看護支援について、共に学んでいきましょう。