氏  名

松田 真正
MATSUDA Naomasa

職  名

准教授

学  位
略  歴

修士(教育学)

専門領域

社会的養護、特別支援

主要担当科目

子ども家庭福祉、社会的養護Ⅰ、保育実習

所属学会

日本LD学会、日本保育学会

研究活動等

【論文】 ・松田真正,吉利宗久,眞田敏:アメリカ合衆国の自閉症児教育に関する法制度とその運用状況,川崎医療福祉学会誌, Vol.11,No.1,pp133-137,2001年  ・吉利宗久,松田真正:インクルージョンに対する学校職員の意識-アメリカハワイ州における実態調査を通して-,発達障害研究,第25巻4号,pp281-288,2004年  ・松田真正,水田有美,松田光恵,瀬戸山悠,居川寛子,向本裕子,児玉真寿美:発達障害と愛着障害との関係性に関する研究動向の概観と 両者が併存する事例への支援に関する一考察,くらしき作陽大学・作陽短期大学研究紀要,第53巻第2号(通巻第95巻), pp65∸78,2020年 【著書】 ・自閉症とその家族を対象としたイルカ介在療法プログラムの報告,141頁-149頁(辻井正次,中村和彦:イルカセラピー入門,ブレーン出版)(2003年8月)  ・自立支援計画と保護を要する子どもの養護の実際について,112頁-152頁(中野菜穂子,東俊一,大迫秀樹:社会的養護の理念と実践 第2版,株式会社みらい)(2017年4月)  ・橋本正巳,松田真正,斎藤武次郎:放課後児童クラブ 気になる子どもの支援ハンドブック~インクルーシブな世界を目指して!くらしき放課後児童クラブ大学連携研究会,COC事業,山陽印刷株式会社),1頁-42頁(2019年3月)

社会活動等

受験生・保護者の方へのメッセージ

各分野の学習や実習をとおして、知識・技術や判断力はもちろん、豊かな感性と子どもへの深い愛情という豊かな人間性を備えた保育者を一緒に目指しましょう。