活水女子大学ロゴ

topmenu

topmenu

topmenu

東山手キャンパス

活水学院は1879年(明治12年)に東山手に設立されました。
開設当時のまま同じ場所にある学校としては日本で一番古い女子校です。
長い歴史を持つ活水のキャンパスは、
歴史だけでなく様々な文化と関わりを持つ学びのフィールドです。

歴史的な近代建築の東山手の校舎やチャペル、専用の音楽ホールやプロ用の楽器、先端のシステム等歴史と清新に満ちたキャンパスは全てが学びの場。夢に向かう女性をサポートします。

長崎の街が学びのフィールド
キラリ!POINT

長崎の観光名所の1つでもあるオランダ坂は活水生の通学路。週末だけでなく、平日も多くの観光客の方で賑わっています。

趣のある美しい歴史環境の中で学ぶ
キラリ!POINT

東山手の12番地は約160年前に造成された旧外国人居留地で、今でもなおその面影を残しています。

パイプオルガン保有数日本一
キラリ!POINT

7台のパイプオルガンを保有しています。中でも東山手キャンパスの大チャペルにあるパイプオルガンは長崎市内でも最も古いパイプオルガンの一つで、礼拝の時間だけてなく、コンサートにも数多く使用されています。

専門分野に特化した図書館で学ぶ
キラリ!POINT

東山手、新戸町、大村それぞれのキャンパスに図書館を完備し、蔵書数は約32万冊で、学生1人当たりの所蔵数は九州の大学ではトップクラスを誇っています。図書館では読書や学習の他にも、パソコンを利用したり、DVDを鑑賞することもできます。

キャンパスの隣、
プロの現場で学ぶ
キラリ!POINT

大村キャンパスは長崎医療センターの敷地内にあり、看護学部の主な実習先となっています。学生時代から高度な医療技術に触れることができます。

世界遺産の中で学ぶ
キラリ!POINT

活水女子大学の周辺には旧グラバー住宅、大浦天主堂といった世界遺産や国宝があります。長崎が世界に誇る歴史的建造物に囲まれながら学びを深めてみませんか。

活水くすのきポータル
東京2020 オリンピック・パラリンピック

Top