活水女子大学ロゴ

topmenu

topmenu

topmenu

授業紹介

個人レッスンによる実技指導と少人数授業により、各分野のスペシャリストを育成します。
現代社会を生きる優れた指導的音楽人を目指します。

専攻実技

碓井貴美子  椎名雄一郎 
持松 朋世  草場紀久子 他

ピアノ、パイプオルガン、声楽、管弦打楽器、作曲それぞれの専攻の実技レッスンです。半期ごとの実技試験や公開演奏会に向けて、マンツーマンの指導が行われます。 声楽の実技レッスンは個々の習熟度に応じて個人レッスンで行われます。 段階に応じて課題に取り組むことができ、声を出すことを通して自分自身の身体と向き合うこと、楽曲を分析すること、様々な演奏に触れることを体験します。 試験は勿論ですが、様々な演奏会への出演を重ねながら、個々で目標を設定して励むことができます。

オペラ研究

持松 朋世  加藤  豊 
永吉美恵子  古川 直美

異なった文化背景を持つ人々との相互理解を実現するために必要な知識とスキルを学びます。異文化について学ぶことは、自分自身の言語行動に大きな影響を与えている自文化を理解することに繋がります。 自分を客観視すると同時に、多様な価値観に触れ、視野を広げていきます。

管弦打アンサンブル

草場紀久子 、三好直英

木管5重奏、サクソフォンアンサンブル、ホルンアンサンブル、金管10重奏、打楽器アンサンブル、など様々な形態のアンサンブルを通して、アンサンブルの基礎と愉しみを講じます。

フルート

草場 紀久子

フルート専攻生以外の学生たちにもフルート演奏の基礎を指導します。アンサンブルを通してその美しい音色を体感し、学内外でその成果を披露していきます。

音楽教育研究

持松 朋世

4年間の教職科目や教科教育などの学びを通して音楽科教育の理解を深めてきましたが、後期の論文作成に向けて音楽科教育の課題の発見や、様々な研究の調査などから個々の研究テーマを見つめ、深化させることを目的にしています。

音楽科教育法Ⅰ~Ⅳ

持松 朋世

音楽科教育法Ⅰ~Ⅳの講義は、中学校や高等学校の音楽科教育についてより深い専門的な知識と幅広い技能の習得、応用力の育成を目的とします。 中学・高校時代に受けてきた授業を今度は教員の視点で、音楽の専門性を活かして「伝えるとは」「生徒を思い遣るとは」「生きる力とは」という事も指導案作成や模擬授業を通して学びます。

一覧>

新着情報

取得できる資格

◎中学校教諭1種免許状(音楽) ◎高等学校教諭1種免許状(音楽) ◎学校図書館司書教諭 ◎図書館司書 ◎全国音楽療法士育成協議会2種音楽療法士
活水くすのきポータル
東京2020 オリンピック・パラリンピック

Top