ブックタイトル活水女子大学 大学案内2018

ページ
50/80

このページは 活水女子大学 大学案内2018 の電子ブックに掲載されている50ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

活水女子大学 大学案内2018

学びのポイント学びの領域三職種(看護師・保健師・助産師)の基盤となるカリキュラム1専門分野は、基礎・母性・小児・成人・高齢者・在宅・精神看護学の7つの看護学体系で構築され、概論・方法論・方法論演習・実習へと段階的に学びます。3年次からの保健師選択コース2保健師選択コースは、2年次後期に15名の選考を行い、公衆衛生看護学系科目を学びます。実習場所は、市町、保健所、地域包括支援センター、事業所と多岐にわたります。3 看護の専門性強化看護学統合分野にがん看護、緩和ケア、災害看護学、国際保健論の他、キャリア支援、シミュレーションや卒業研究など、魅力ある科目を主体的に学びます。定員15名共通・基盤系看護学統合系建学の精神教養コア科目文化・芸術系社会・自然系情報系健康・スポーツ科学系キャリア支援系英語基礎看護学系:基礎看護学人体・病態治療学系看護情報学系健康・生活情報系臨床看護学系:成人看護学高齢者看護学小児看護学母性看護学精神看護学在宅看護学1年次     2年次     3年次     4年次知の基盤 対象の生活と健康 保健医療福祉と実践 看護の統合・発展・・・・・・・・・・・・看護研究・・・・・・・・・・・・教養分野看護学統合分野看護学専門分野保健師選択コース看護学基礎分野看護学科看護専門職は、すべての人々の幸せのために、生活と健康を支援していきます。看護学科の教育では、生活と健康の支援で重要な人間・環境・健康について考え、看護とは何かを追究していきます。また、人の尊厳を根底にして、思慮深く温かな看護専門職を育成します。カリキュラムは、教養科目、看護学基礎分野、看護学専門分野、看護学統合分野の4分野で構成されていますので、主体的に取り組んで学びを深めましょう。D e p a r t m e n t o f N u r s i n g看護学部48