ブックタイトル活水女子大学 大学案内2018

ページ
32/80

このページは 活水女子大学 大学案内2018 の電子ブックに掲載されている32ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

活水女子大学 大学案内2018

学びのポイント長崎県美術館イブニングライブ打合せ1 音楽メディアひと口にメディアと言っても、音楽には多くの種類があります。地元放送局に移動して受ける授業は現場感覚が溢れています。各種音楽データの扱いではパソコンに向かって楽しく編集していきます。2 現場学習入学したての1年生前期から、長崎県美術館での演奏会スタッフを体験します。フロアのスタッフから徐々に企画サイドに回ります。やがてインターンシップをはじめ、学内外での活動につなげます。3 コミュニケーション力音楽には、仲間と力を合わせることで可能となることがたくさんあります。自分の考えを主張しつつ、他者との協調性の中から答えを見出し、それが音楽を「いい感じ」で伝えることにつながります。音楽文化コース音楽学部音楽学科M u s i c C u l t u r e C o u r s e音楽を通して人々の橋渡しをする…地域の音楽社会、放送業界、雑誌の世界、音楽現場スタッフ、制作系メディア学習、機材の扱い、世界の音楽情勢…など、学びながら動き、動きながら学ぶ…そのようなコースです。ラジオ、録音、制作、文字、デジタル編集…いろんなメディアを扱います。緊張感を伴う場面もあります。音楽メディア研究吉田 峰明 教授 他インターンシップとして、音楽社会現場・業界現場で学びます。著名人の演芸からアウトリーチまで様々です。音楽社会・業界研究吉田 峰明 教授 他授業ピックアップ30