ブックタイトル活水女子大学 大学案内2018

ページ
30/80

このページは 活水女子大学 大学案内2018 の電子ブックに掲載されている30ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

活水女子大学 大学案内2018

学びのポイント授業ピックアップ1 表現力と専門性の向上充実した練習室やホールなどの音楽環境の中で各学生に応じたきめ細やかな個人指導が行われます。様々な編成のアンサンブルへの参加により多様な演奏経験、作曲力、指導する力を高めます。2 演奏経験定期演奏会、オペラ発表会など学内での演奏発表の他、長崎県美術館、長崎市の各種催しなど、各種イヴェントに向けての準備と演奏経験を通じ、演奏力、社会でのコミュニケーション能力を磨きます。3 音楽教育体験地元の中学生と触れ合う「ウエルカムコンサート」、小中学校でのボランティア活動や教育実習、教育実践演習など、音楽教育の現場に身を置くことで、指導者としての自覚と経験を積みます。演奏表現コースMusic Performance and Expression Course音楽を学ぶ上で大切なこと…音楽の素晴らしさを伝える表現力、アンサンブルに不可欠な聴衆とのコミュニケーション能力です。学内外の演奏・教育経験を通して、活躍する音楽家、指導者、社会人となることを応援します。碓井貴美子教授によるレッスンオペラの発表を目指し、声楽専攻生を中心に他専攻の学生も加わり、演奏、演出や照明、衣装、道具から広報まで幅広く学びます。オペラ研究加藤 豊 教授 持松 朋世 講師 他専攻を問わず多くの学生たちが大アンサンブルの中、互いの響きを聴き合い、ハーモニーを作り上げていきます。オーケストラ藤重 佳久 教授 草場 紀久子 准教授 他音楽学部音楽学科28