ブックタイトル活水女子大学 大学案内2018

ページ
3/80

このページは 活水女子大学 大学案内2018 の電子ブックに掲載されている3ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

活水女子大学 大学案内2018

長崎は江戸時代から世界に開かれた港でした。活水女子大学はその港を一望するおらんだ坂の上、東山手の丘にあります。昨年、明治日本の産業革命遺産が世界文化遺産に登録されました。活水女子大学周辺にも日本の近代化を支えた近代化資産が多く存在します。日本が急速な産業化へと大きく動き始めていた1 8 7 9 年(明治12年)、創立者のエリザベス・ラッセル先生とジーン・ギール先生は「教育を受ける権利は誰にでもある。男性のみでなく、女性にも同じ権利がある」というキリスト教の考えのもと、女子教育普及への強い信念を持ってこの長崎の地で教育の礎を築かれました。活水は長崎とともに豊かな国際感覚、平和へのあくなき追求、そして愛と自由にあふれるキリスト教の心を大切に「学び」を実践しています。01東山手の丘より活水女子大学、長崎港、稲佐山を望む