ブックタイトル活水女子大学 大学案内2018

ページ
21/80

このページは 活水女子大学 大学案内2018 の電子ブックに掲載されている21ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

活水女子大学 大学案内2018

中学・高校の英語教員を目指して英語の構造や機能、英語圏の文化・文学・歴史などを学び、英語教員に必要な幅広い教養を身につけましょう。CASE1グローバルな職種を目指してビジネス英語や観光英語を学ぶ<キャリア系>科目を勉強し、CA、グランドスタッフ、ツアーコンダクター等、世界を飛び回る職業に就きましょう。CASE2日本語教師を目指して日本語教員養成課程を履修して、国内外で日本語教師として働いてみましょう。CASE3取得できる資格など他大学や卒業生との交流を通して、社会に開かれている学科英語圏やアジアにある提携校への留学のほか、海外でのボランティア活動・インターンシップなど、英語学科の約半数の学生が在学中に海外体験をします。将来を見据えた履修のポイント学科の特徴国際文化学部英語学科◎中学校教諭1種免許状(英語) ◎高等学校教諭1種免許状(英語) ◎学校図書館司書教諭 ◎日本語教員養成副専攻課程修了証◎図書館司書 ◎情報処理士・上級情報処理士海外留学・ボランティア・インターンシップ大学生が自分の考えや意見を英語で発表する場として始まりました。毎年、全国の大学からたくさんの応募があり、英語学科の学生も健闘しています。エリザベス・ラッセル杯英語スピーチコンテスト英語学科では毎年、「英語のプロフェッショナル」を講師として招き、 学習に役立つ情報やスキルを得る機会を提供しています。2016年度は、通訳分野の第一人者である、長井鞠子氏が、日英通訳の実践テクニックについての講演と、通訳スキル習得のためのワークショップをおこない、学生の高い関心を集めました。特別講演会英語学科の学生と先生が談笑しているところ19