活水女子大学の教育目的と目標・3つのポリシー

 

看護学科

 

看護学部看護学科の教育目的と目標

 看護学部看護学科は、看護専門職として人々の健康と生活を支援するために求められる知識、技術、態度、柔軟な思考力、職務遂行能力を有し、チームで協働しながら自律的に看護できる人間を育成することを目的としています。この目的を達成するために、以下の目標を掲げています。

  • 1.キリスト教の理念により、生命の尊厳に基づいた倫理観と人々の心に共感する豊かな人間性を養う。
  • 2.対象となる人々やその家族、地域の人々の健康状態を把握し、科学的根拠に基づく看護を実践する能力を養う。
  • 3.保健・医療・福祉の各分野で連携・協働し、看護専門職として実践できる能力を養う。
  • 4.国内外の医療や異文化を理解し、国際的に活動できる基本的姿勢を養う。
  • 5.看護専門職として誇りと責任をもって、常に自己研鑽し続ける能力を養う。
 
3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー (学位授与の方針)

 看護学科では、所定の単位を修得し、次のような能力を身につけた学生に対して、学士(看護学)の学位を授与します。

  • 1.キリスト教の理念に基づく全人的理解を基盤とし、人間の尊厳を重んじ、人権の擁護ができる。
  • 2.対象となる人々やその家族、地域の人々の健康状態を把握し、看護を計画的に展開することができる。
  • 3.特定の健康問題に対応する基本的な実践能力を身につけている
  • 4.保健・医療・福祉チームの一員として活動し、保健・医療・福祉分野のケア環境やチーム体制を整備・改善する姿勢を身につけている。
  • 5.国内外における看護の多様化に関心を寄せ、国際的視野に立って検討できる基礎的能力を身につけている。
  • 6.研究的視点で日々の看護活動を振り返り、生涯にわたる自己研鑽と、看護学の発展に貢献する姿勢を身につけている。

カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

 看護学科では、本学科の教育目的と目標を達成するために、以下のような方針でカリキュラムを編成します。

  • 1.キリスト教の理念をもとに人間愛を培い、生命の尊厳に基づいた倫理観と人々の心に共感する豊かな人間性を育てるための科目を配置する。
  • 2.看護の対象である人々とその家族・地域の最適な健康と生活を支援するための科学的根拠や問題解決力の学びを集積できるように、看護学基礎分野から看護学専門分野・看護学統合分野・保健師選択コースへと、系統的に科目を配置する。
  • 3.保健・医療・福祉の各分野で連携・協働する看護専門職としての基礎的実践能力を育てるために、講義・演習・実習を体系づけて、充実した臨床教育を行う。
  • 4.国内外の医療や異文化を理解し、国際的に活動できる基本的姿勢を養うために、看護学統合分野に、国際看護に関わる科目を配置する。
  • 5.看護の高度化に対応できる看護専門職として、生涯にわたって学習・研鑽し続ける能力を養うための科目を配置する。

アドミッション・ポリシー (入学者受け入れの方針)

 看護学科は、本学科の教育目的と目標を理解し、本学科での学びをとおして成長し、自立した人間として社会に積極的に関わる意志と能力を身につけたいと願う者を、入学者として受け入れます。多様な入試制度により、次のような者を選抜します。

  • 1.人を敬い、思いやることができる。
  • 2.好奇心旺盛で物事を探究しようとする姿勢がある。
  • 3.人々の健康に関心をもっている。
  • 4.看護を学ぶための基盤として、言語(「国語」「英語」)、自然科学(「数学」「生物」「化学」「物理」)の基礎的な学力をつけておくことが望ましい。
 
 
■東山手キャンパス(本部)
〒850-8515 長崎市東山手町1-50 TEL:095(822)4107 FAX:095(828)3702
■新戸町キャンパス (音楽学部・健康生活学部(食生活健康学科))
〒850-0954 長崎市新戸町3丁目1004-1 TEL:095(879)7110 FAX:095(879)7111
■大村キャンパス (看護学部)
〒856-0835 大村市久原2丁目1246-3 TEL:0957(27)3005 FAX:0957(27)3007