学長室からのメッセージ

 

 本年の4月から活水女子大学の学長として勤めている加納孝代でございます。活水学院創立134周年の記念式典にあたり、式辞を申し上げます。

 活水学院が発足したのは1879年(明治12年)の12月1日でありました。それはその8日前にアメリカから横浜を経て長崎に到着されたばかりのエリザベス・ラッセル先生(当時43歳)と、ジーン・ギール先生(当時33歳)が、東山手の16番というところにあった平屋の建物で、生徒の来るのを待っておられたところ、一人の婦人が、学校で学びたいと言って訪ねてきたことから始まったと『活水学院百年史』には書かれています。そのとき訪ねてきた生徒というのが官梅 能(かんばい のう)という23歳の婦人でした。明治12年といえば西南戦争終了後わずか2年目、明治維新からはまだ12年しか経っておらず、長崎の町でも、きりしたん禁止の立札がつい6年前までは市中に立っていた時代でした。

 またラッセル先生やギール先生にとってそれはどういう時代であったのか、アメリカの歴史のほうも少し振り返ってみようと思います。アメリカでは1861年から65年にかけて南北戦争が戦われています。大規模農場を経営するには奴隷労働が必要だと主張する南部の諸州と、中小市民を担い手とする近代的商工業を盛んにしたい北部の諸州の対立から始まった市民戦争、アメリカの内乱でした。それが起こったのが、ラッセル先生が25歳、10歳年少のギール先生が15歳の時でした。それに続くリンカーン大統領の暗殺という大事件も、二人はそれぞれ29歳と19歳のときに経験されたことが分かります。
 日本では比較的よく読まれた『若草物語』(原題はLittle Women)という小説があります。これは南北戦争を経験した一家の話ですが、その話に出てくる4人姉妹のうち、長女か次女あたりがラッセル先生の年齢で、末娘がギール先生くらいの年ごろの娘さんだと想像されます。ちなみに『若草物語』の作者ルイザ・メイ・オルコット(Louisa May Alcott)は1832年生まれですので、ラッセル先生より4歳年上です。また彼女はペンシルヴァニア州に生まれましたが、ラッセル先生はその隣りのオハイオ州生まれです。でも4歳の時に一家がペンシルヴァニア州に移住したので、育ったのはペンシルヴァニア州でした。つまりオルコットとラッセル先生はほぼ同じ時代に、ほぼ同じ場所で育った人々だということになります。おそらく似たような経験もいろいろあったことでしょう。ラッセル先生についてはその学校生活や、思春期のころ、あるいは若い女性として考えたり悩んだりされたことなどを知ることのできる直接的資料があまりないそうです。それを補い、また多少想像をめぐらしてみるには、この小説や、作者であるルイザ・メイ・オルコットの生涯はよい手掛かりになるのではないかと、私は思っています。

さて、ラッセル先生とギール先生が来られた長崎へと話を戻します。長崎には、外国人の日本での居住が「居留地」という限られた場所内で可能になった幕末の1859年に、聖公会のウィリアムズとオランダ改革派のフルベッキが来ています。彼らの目的はキリスト教の宣教でした。明治維新のあと明治新政府に招かれて東京に去ったフルベッキの後をスタウトが継ぎました。スタウト夫人は明治6年ころから長崎の女子に裁縫や編み物などを教え始めています。聖公会のほうではグッドオールという、英国の詩人テニスンの縁続きになる婦人が来て明治9年に私塾のような学校を始めます。グッドオールは明治12年には東山手3番に「十人女学校」を開いています。いつも生徒が10人前後しかいなかったのでそういうニックネームで呼ばれたそうです。
 そしていよいよ活水の話になるのですが、前段が長すぎましたので、途中をすこし省略することにします。明治12年にメソジスト教会の海外婦人伝道局が長崎へ送ってくれた婦人宣教師がラッセル先生とギール先生でした。長崎でも待ちに待たれた二人の到来でした。二人の生涯においても、満を持して、覚悟を決めて、やってきた初めての外国、東洋の国でした。とくに日本はつい20年前までは鎖国をし、外国人を毛嫌いしていた国でした。今から思っても、よくぞ来てくださったと、感嘆し、感謝せずにはいられません。
 ラッセル先生とギール先生は12月1日(これが開校記念日となりました)に一人の生徒を得ましたが、その同じ月の12月25日の日本の新聞に学生募集の広告を掲載しています。それによれば、この女子のための学校では英語と日本の普通の教科、西洋に関するもろもろの事柄、それから手芸と音楽を教えるということが謳われています。こうして明治13年となり、女子生徒が10数名、翌年の明治14年には40名前後、そして来日3年目となる明治15年5月末にはついに東山手の丘の上に立派な校舎が完成しました。この時の生徒数は43名であったそうです。ところが校舎自体は寄宿生60名、通学生40名にも十分そなえられていました。その校舎を総勢100名の女生徒達が満たす日を、ラッセル先生は具体的な幻(ヴィジョン)としてしっかり抱いておられたものと思います。

 明治16年4月には、大阪でおこなわれた、日本にいるプロテスタントの宣教師たちの大会で、ラッセル先生は活水での教育の内容を次のように説明しています。日本の女子に何を教えるのかと問われて、「それは男児に対しておこなう教育と同じです、すなわち女子が成長した後、婦人になったときになさねばならないことを全て教えます。たとえば国語はふつうの男子中学校程度(これはいまの高等学校くらいにあたるでしょうか)。それから英語は米国の普通の女学校程度(これも今の日本でいえば高等学校くらいでしょうか)。また基礎学力のない女子に対しては手芸、裁縫、機織り、料理のほか、小学校程度の教科を用意します」と語っておられます。
 ここに表明されている、「女子が成長して一人前の婦人(今の言葉でいえば社会人)となったときに必要とされることは全て教える」というラッセル先生の教育観は、見事であると思います。その着眼の的確さは今もその価値を失っていません。そこにおのずから今日の活水学院が目指すべき教育が示唆されています。

 私たちの前にいる若い女性たちに、私たちはどのような教育内容を提供すべきであるのか、ラッセル先生に今聞くならば先生は、「その娘さんたちが卒業後生きていく世界で必要になると思われることを教えなさい」と答えられることでしょう。それが具体的には何なのかを考えるのが、学校を運営する私たちの責任です。若い人々を、親として、あるいは先輩として育てるべき私たち自身がまず、今日の、あるいはこれから数十年先の世界でどういうことが必要とされているかを明らかにしなければなりません。世界がどう変わってゆくのかが、見えない、分からない、と逃げることはできません。なぜなら世界がどう変わろうとも、世界にどのような悪の力が働こうとも、成人して、まっすぐに生きてゆこうとする女子が、あわてず、ひるまず、たじろがず、人間としての誇りと尊厳を保ちながら生きてゆけるだけの知恵と力をつけてあげなければならないのです。その意味では学校で働く私たちの使命と責任はとても大きなものです。
 しかもその世界は、正義と公平、そして愛に満ち、すべての人間が等しく価値を認められ、平和裡に暮らすことのできる場所でなければなりません。これはラッセル先生、ギール先生のみならず、活水にこられたすべての宣教師の方々の願いでもあるにちがいありません。
 世界がいまそうなっていないならば、それを構築・建設しようとの大志を抱く女性たちを、この活水から巣立ちさせたいのです。それをしっかりと覚悟することが、本日の記念式典において私たちが創立者に向かって表明すべき、最も大切なことではないかと思います。ご一緒にこの使命を果たすべく前に進んでまいりましょう。

 
■東山手キャンパス(本部)
〒850-8515 長崎市東山手町1-50 TEL:095(822)4107 FAX:095(828)3702
■新戸町キャンパス (音楽学部・健康生活学部(食生活健康学科))
〒850-0954 長崎市新戸町3丁目1004-1 TEL:095(879)7110 FAX:095(879)7111
■大村キャンパス (看護学部)
〒856-0835 大村市久原2丁目1246-3 TEL:0957(27)3005 FAX:0957(27)3007