このたび、V・ファーレン長崎と活水学院は、スポーツを通した地域の活性化と人材の育成に向けて互いの持つ資源やノウハウを有効に活用し、豊かな長崎をつくることを目指して協力、連携することといたしました。
 4月29日、V・ファーレン長崎のホームゲームにあわせ、連携協定調印式を執り行いました。当日は2015年度から活動している活水女子大学サッカー部の選手たちも参加し、式後は対横浜FCの試合を観戦させていただきました。
 また、試合前には中学・高校・大学生で構成する「活水学院吹奏楽団」総勢140名もマーチングやパレードを披露し、サポーターのみなさんともエールを交わしました。
 V・ファーレン長崎関係者の皆様、サポーターの皆様、ありがとうございました。