長崎新聞社と学校法人活水学院(活水女子大学、活水高等学校、活水中学校)は、両者が緊密な協力と信頼関係の下に相互に協力し、互いの持つ資源やノウハウを有効に活用して、地域社会の発展に寄与することを目的とし活動を行ってまいりました。
 これからもさらに相互の協力を強化し、地域の一層の活性化に資するため、このたび、包括的な連携に関する協定を締結することとなり、3月14日本学東山手キャンパスにおいて締結式を行いました。
 なお、具体的な連携事項は下記の通りです。

  (連携協力事項)
  第2条 甲及び乙は、前条の目的を達成するため、次に掲げる事項について連携協力を行う。
  (1)地域社会の人材育成に関すること
  (2)地域社会の発展に係る調査・研究に関すること
  (3)その他地域社会の発展のために、両者が協議して必要と認める事項