活水学院ホームページへようこそ

院長からのメッセージ

 長崎の歴史を印すオランダ坂。その界隈がまだ外国人居留地であった1879年(明治12年)、坂の上なる東山手の丘に活水学院は創設されました。創立者はアメリカから派遣された女性宣教師エリザベス・ラッセル。日本全体で学校教育が新たな装いで出発したばかりの時代に、キリスト教に根ざす確固たる理念に基づいた教育活動が開始されました。

 磨かれた知性と品性の上に経済的独立の能力を具えた優れた人格へと成長し、社会で指導者としての責任を果たす。このような生徒・学生を育成するという高い目標を、活水学院は創立以来追い続けています。 皆様のアクセスを心から歓迎いたします。

 現在の活水学院は、東山手キャンパス、新戸町キャンパス、大村キャンパス(長崎医療センター内)で大学・大学院が、宝栄町キャンパスで中学・高校が、それぞれ教育活動を展開しています。詳細な教育内容についてはそれぞれのホームページで情報を得ることができます。しかし各学校は「活水学院」の学校として共通の理念に基づいて活動しています。各学校がそれぞれ発展を遂げた今、改めてそれらの間の「一貫性」を確認し、それを豊かに具現する必要があります。「活水学院ホームページ」はこの意識のもとで開設されました。

活水学院院長
奥野 政元