校章・魂譲り

 

校章・魂譲り

校章

活水という校名に「建学の精神」を重ねた特徴的な校章は、1918年の女子専門学校認可申請に伴って本学の美術教師だった青木知美氏の考案により制定されました。中央に篆書体(てんしょたい)の「活」を配置し、3本の線に崩した「水」でギリシア十字型に囲んだデザインです。神さまが注いでくださる「活ける水」を受け入れるために上部が開き、注がれた恵みが全体をめぐって右の隙間の注ぎ口から溢れ出ます。神さまの恵みに活かされ、周囲の人々を潤す心豊かな女性に育って欲しいという創設者の願いが込められています。

 
魂譲たまゆず

卒業式において執り行われる活水の伝統的な儀式です。校名の由来であるヨハネによる福音書4章14節「わたしが与える水は決して渇かない。わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る」に基づいて、第2代校長マリアナ・ヤング先生が発案されました。
活水で学ぶ者一人ひとりが「活ける水」を汲みとり、その「活ける水」を周囲の人々に与える者になって欲しいという創設者の願いが手桶(たおけ)によって象徴されています。「活ける水」を充たした手桶には、その年の卒業生一同の思いや願いが2色のリボンに託して結び加えられ、毎年、卒業生から在校生・在学生へと譲り渡されます。