活水女子大学でのできごとをリアルタイムにお届けいたします

2018年12月10日

ホスピタリティ・ツーリズム(旅行業)研究会第2弾!

英語学科3年の なのはな です。

私は、10月27日に「学生による旅行企画提案コンテスト(アウトバウンド部門)に
チーム: He ‘ike pāpālua(へ・イケ・パーパールア)として出場いたしました。

この He ‘ike pāpāluaとは、ハワイ語で「心を開いて複数の目で見なさい」という意味です。
旅行対象者が英語力に自信がない大学生であるため、
私たちが企画提案したパッケージツアーを通して、
この言葉で励ませられたらという思いを込めました。

コンテストでは20チームの応募の中から第1次審査を通過し、
最優秀賞を受賞することができましたcrying.gifshine.gif
小値賀チームの受賞に引き続くことができ、とても嬉しく思います。

私たちが企画提案した旅行商品は、
「英語力に自信がない大学生を勇気づける」ということを目的に
若者の海外旅行離れを防ぎ、新しい自分をみつけることをテーマにしました。
そのため、はじめはボランティア中心の固い内容で、
発表練習のたびに顧問の先生や研究会の部員からアドバイスをもらいました。

最終的にツアーにミッションを取り入れたり、1日ごとのテーマを書いた看板や
実際に使える冊子などを作成したことが、 審査員の方にも好評のようでした。

1年生からは、「ハワイに訪れたことがなく調べるのが難しかった」、
「初めて大きな会場で発表して緊張した」という感想がありましたが、
私たち5人の、ハワイが好き!実際にハワイに行きたい!という気持ちが
説得力あるプレゼンテーションにつながったと感じています。

まだまだ反省すべき点もありますが、この成功体験を今後の学びに活かしていきたいと思います。

12月8日には、サークルの部員9名、2チームが長崎国際大学で行われる
「長崎県・佐賀県を中心とする着地型旅行プランコンテスト」に出場します!

結果はまた後ほど、投稿させていただきます。

カテゴリー: キャンパス情報, サークル・イベント・ボランティア, 大学生活