HOME > 受験生の皆様へ > 卒業生の進路状況 > 合格体験記
受験生の皆様へ
合格体験記


「多くの人に支えられて」

長崎大学 教育学部 学校教育教員養成課程 小学校教育コース

総合進学コース 山本理子

 私は、長崎大学教育学部をAO入試で受験し、合格することができました。活水の先生方には、志望動機などの添削や課外授業でのご指導・進路相談・面接指導など、大変お世話になりました。様々な角度からの助言をいただくことにより、合格につなげることができました。心より感謝申し上げます。
 私の母が小学校の教員なので、私も幼いころから“教育”に関わる仕事について関心はありましたが、高校へ進学した当初は違う夢に向かって高校生活を送っていました。夢が変わるきっかけは、高校3年生に進級して、将来学という授業などで進路について考える機会が増えたことです。そこで自分が本当になりたい職業に就こうとしているのか、見つめ直したことで、教育に関わる仕事を含め、私が興味を持つ職業は多くあるということに気づき、その興味のある職業や学問分野から大学を探し始めました。
 姉が大学進学で上京していたことから関東への進学に憧れがあり、初めは関東近郊にある大学のオープンキャンパスに足を運びました。自分の目で見ることで、想像していたものと実物を比べることができ、実際に肌で雰囲気を感じることは大切であると実感しました。また、改めて自分の志望や進路について深く考え、関東への進学だけではなく長崎の大学への進学も視野に入れて考えるようになりました。その後、家族や先生方とも何度も話し合い、考えた結果、夏休み頃から長崎大学教育学部への進学を志すようになりました。
 夏休みが明けて、受験プランを担任の先生に確認していただくと、今の状態では志望通りの進学を実現することは厳しいことがわかり、とても悔しい思いをしました。ただ、長崎大学への進学を諦めることはできず、2日間ほど、話し合った結果、私の提案したプランのまま受験に向けて準備を進めることになりました。
 それからは合格実現に向けて猛勉強の日々が始まりました。吹奏楽部で全国大会に向けて練習していたこともあり、部活動もしながらの受験の準備はとても大変でした。一次試験までの時間が短かったため、以前より少しずつ作成していた自己分析のメモを参考に、国語の先生や家族の協力のもと書類を完成させ、書類提出後は、週に1、2回の課外授業を受けながら、遅刻してでも部活動に励み、二次試験の面接・課題論文、自己表現の対策に取り組みました。二次試験が終わるまで、活水の先生方をはじめ、知り合いの長崎大学生や現役の小学校の先生など、多くの人に支えてもらいました。長崎大学教育学部の合格をつかみ取ることができたのは、これらの支えがあったからこそであると思っています。
 これから受験を迎える皆さんにも、大学受験にあたって多くの困難や挫折があるかと思います。ただ、その困難に負けずに努力をした先にはきっと何か得るものがあるはずです。これから夢に向かって進んでいく皆さんを応援しています。頑張ってください!




「何事も自分で。早めにすること。」

上智大学文学部国文学科進学

総合進学コース 西野 愛梨

 私が進路を考え始めたのは、活水中学校3年生の進路説明会の時でした。活水高校の進路状況の一覧に上智大学が記載されているのを母と見て、興味をもちました。始めは親に薦められるがままに考えていた進路でしたが、自ら志望校を調べ、将来の夢を実現できる大学だと知りました。私が志望校合格に向けて特に力を入れたことは定期考査です。1年生の頃から「進路のしおり」に記載されていた志望校の推薦条件を頭に入れてがんばりました。そのおかげで成績については3年生になって焦ることや不安になることはありませんでした。このように、1年生の頃から志望校や進路を考えることができていたのは、多くの先生や先輩から1年生の頃から頑張ることが大切だと教えていただいたからです。だからこそ、早くからがんばることが大切だということを後輩の皆さんに伝えたいです。
 上智大学の推薦条件の一つに英語検定2級がありました。2年生の三者面談の時に進路をはっきり決めてから、英語検定の勉強にとりかかりました。学校と部活動に追われる毎日の中、時間を作って勉強に取り組み、2年生の2月の英語検定で合格することができました。
 私の第2志望は同大学の公募推薦でした。公募推薦の事前課題にレポート提出がありました。指定校推薦にもれてしまった場合、公募推薦に申し込むための課題レポートを提出できる期間が短いことがわかっていたので、夏休みからレポート作成に取り掛かりました。その課題は私にとって今までに取り組んだことがないものだったので、国語科の先生が協力してくださり丁寧な指導をしていただきました。無事に推薦をいただくことになりましたが、思いがけず指定校においても公募推薦と同様の課題レポートがあり、公募推薦のために準備していたレポートを提出することができ安心しました。今思うと、夏休みの時点から課題に取り組んでいたことがよかったと思います。
 受験を通して私が大事だと思ったことは、「何事も自分で。早めにする。」です。これは何度も担任の先生を始め、多くの先生から言われてきました。単純で簡単なことですが大事なことだと思います。
 また、自己推薦書や大学の志望動機、課題レポートなどでは、文章を書くことが多くありました。私が所属していた新体操部では、大会が終わるごとに反省文を原稿用紙3枚程度書くことになっており、それで文章力がかなり鍛えられたと思い、感謝しています。指定校推薦や公募推薦を希望するにあたっては、日頃から文章力を鍛えておくと後で楽になると思います。学校や部活動で経験してきたことは、自己推薦書を書く時など、いろいろな形で生かすことができました。どんな経験も受験の役に立つと感じるので、何事にも誠実に取り組んでおくことは必ず、自分のためになると感じます。




「努力し続けること」

長崎市医師会看護専門学校第一看護学科進学

総合進学コース 竹田 加奈子

 私は、長崎市医師会看護専門学校第一看護学科を推薦入試で受験し、合格することができました。
 私が看護師を目指すようになったのは、同じ部活動の先輩がきっかけです。私は3年間卓球部に所属していました。先輩は私が高校1年生の時に病気で亡くなりました。とても後輩思いで練習にも手を抜かず、試合に勝ちたいという思いは人一倍強い憧れの先輩でした。私は部活動を続けることができなかった先輩の分まで最後まで続けることを決めました。そして改めて命の大切さを教えてもらいました。これをきっかけに私は看護師を目指すようになり、看護師に必要な体力と精神力を部活動を通して鍛えることができました。
 しかし、私は成績が悪くいろんな先生方から合格するのは難しいと言われていました。志望校を変えたほうがいいのかとずっと悩んでいましたが、私はどうしても看護師への道を諦めることができませんでした。難しいことは自分が一番わかっていたことだったし、無謀な挑戦であるとも思いましたが、自分気持ちに嘘をつくことはできず、受験することに決めました。
 そこから私は、受験に必要な数学・小論文・面接の指導をたくさんの先生方にしていただきました。授業中や休み時間、放課後を使い勉学に励みました。私は人の目を見て話すことが苦手なので、面接にとても不安を感じていました。しかし、指導してくださった先生が、過去に聞かれていた質問で何回も練習してくださりとてもありがたかったです。たくさん協力していただき、私は不安を残すことなく受験に挑むことができました。
 受験当日は、とても緊張していましたが、今まで練習してきた成果を十分に発揮することができました。苦手としていた面接も自信を持って楽しく受けることができました。毎日支えてくれた両親やたくさんの指導をしてくださった先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。
 私は受験を通して、自分が決めた目標が難しくても最後まで諦めないことが大切だと思いました。受験は一人でするのではなく、たくさんの方の支えがあったからこそ合格することができたと思っています。これから受験を控えている後輩の皆さんも目標があるなら、諦めずに努力し続けてほしいと思います。応援してくれている両親や先生方への感謝の気持ちを忘れず、進路実現に向けて頑張ってください。




「目標に向けて」

活水女子大学国際文化学部日本文化学科進学

総合進学コース 森 真紘

 私はこの度、活水女子大学国際文化学部日本文化学科に内部推薦で合格しました。
 私は、母や親戚が活水高校の卒業生だったこともあり、漠然とではありますが、将来は活水高校に入学し、活水女子大学へ進学したいと思っていました。
 私は、活水高校に入学して以来、国語に興味を持ち始めました。もともと漢字が好きだったこともあり、漢字検定を取得するなど特に漢字には力を入れて学習しました。そのようなこともあり、これまで以上に国語についての知識を高めることができました。
 私は当初、両親からの勧めもあり、健康生活学部の食生活健康学科に進学しようと考えていました。私自身食べることが好きだということもあり、その学科で管理栄養士を目指してみてはどうかという両親からの提案でした。
 しかし、私は両親が公務員ということもあり、もともと公務員という職業に興味を持っていたので、私も将来は両親のように公務員になりたいと考えるようになりました。
 そのためには、文章を書く力や語学力を身に付けなくてはならないと思い、当初志望していた健康生活学部食生活健康学科をやめ、国際文化学部日本文化学科を志望することにしました。
 私が志望した国際文化学部日本文化学科には、地域ビジネスコースという企業に就職したい人や公務員になりたい人にとって最適なコースがあり、公務員を目指す私にとって本当に最適な環境であると思い、この学部学科への進学を決意しました。
 私は内部推薦で受験することを希望していたので、定期テストで良い点を取ることや授業に真面目に取り組むことなどを心掛け、内部推薦制度における評定基準を満たすことができるように努力しました。
 内部推薦での受験は、学科試験はなく面接試験だけなので、面接の練習に一生懸命取り組みました。面接の練習では、緊張から焦ってしまい、なかなか思うように言いたいことが言えなかったり、面接においての作法を間違えたりすることもありましたが、先生方の丁寧な指導やアドバイスのおかげで、徐々に自分の思いを伝えることができるようになり、受験当日の面接では少し緊張はあったものの、自分の思いをありのままに面接官の方々に伝えることができ、とても嬉しい思いとともに達成感を感じました。そして無事合格をいただくことができました。このような良い結果をいただくことができたのも面接の指導や進路の相談にのっていただいた先生方、公務員になりたいという夢を与えてくれた両親のおかげだと思います。
 このような周りの方々に支えられて私は志望大学への合格というひとつの目標を達成することができました。これからも支えてくださった方々への感謝の気持ちを忘れず、将来の夢に向かって努力したいと思います。
 これから受験する皆さんのなかには、まだ進路の決定に悩んでいる人がいると思います。進路の決定にあたって大切なことは、まず自分が何をしたいか、どのようになりたいかだと思います。日々の生活において心の中にある自分の求めているものを探してみてください。それは、様々な人や物事との出会いによって生まれるものであったり、また、私のように両親という一番身近な存在から与えられるものであったりと、それぞれ形は違いますが、そのなかから得たものを大切にし、なりたい自分になれるような環境を見つけてみてください。そうすれば、きっと自分にふさわしい進路を見つけることができると思います。




「受け継ぐ想いを力に変えて」

活水女子大学健康生活学科食生活健康学部進学

総合進学コース 黒澤 百華

 私は、活水女子大学の食生活健康学科に内部推薦で合格をしました。
 私は、将来お菓子の開発をしたいと考えています。そのきっかけは、私が体重管理の厳しい新体操をしているため、お菓子が好きでも食べられないという環境にいたことにあります。しかし、お菓子の中にはカロリーや脂質が低いものがあり、それらが日々練習を頑張る支えにもなっていました。そこで、同じ様にカロリーや脂質を制限されている競技や他のスポーツをする人のためのお菓子を作りたいと思ったのです。
 元々高校3年生になるまでは他の大学を受験しようと考えていましたが、3年生になって二つの出来事が重なり、進路を変えることにしました。一つは、私が中学2年生のときまで中学高校新体操部の顧問をされた後、大学新体操部の顧問をされた吉田眞理子先生が亡くなられたことです。吉田先生には、演技の前に礼儀など人として大切なことを1から教えて頂きました。そして、全国大会に出場するなど、それまでなかった多くの経験をさせて頂きました。もう一つは、先生が亡くなられた時、私が怪我をして演技が出来ない状態だったことです。その時、私は先生にご心配をおかけしたまま別れてしまうことに、とても悔しく思いを味わいました。そこで、先生が作って大事にされていた大学新体操部に入って、見守ってくださっている先生に良い演技、結果を伝えたいと思い、新体操を続けられると同時に、栄養学を学ぶことが出来る、これからの希望が詰まった活水女子大学に進路を決定しました。
 大学に入ってからの授業は1,2年生で生化学や食品学の基礎を学び、学年が上がるにつれて専門的なことを学ぶことができます。私が一番興味を持っている授業はお菓子や野菜類、卵、果物類などの食品が持つ機能の秘密を探る食品学実験という授業です。そしてこの学科では管理栄養士の国家試験を受けなければいけませんが国家試験対策の勉強会があり、毎年多くの方が合格されているので本当に良い環境で勉強ができるのでと思います。
 この良い環境の食生活健康学科に合格するために努力したことは、面接試験のための化学や食品についての勉強です。3年生で化学の授業を取っていなかったため基礎でさえあまり理解できていなかったので、基礎的なことや食と関係していることを中心に勉強しました。
 面接では、事前に送る作文からの質問が多かったので書く時には自分のやりたいことを明確にした上で書くと良いと思います。また受験は自分で頑張るのはもちろんですが、色々な方の支えがあり受験、合格に辿り着くことを忘れないでください。
 私も入学後は新体操部を残してくださった吉田先生の想い、部を支えてくださっている先生方の想い、繋げてくださった先輩方の想いを力に変えて勉強との両立をしていきたいと思います。


活水高等学校 活水中学校

〒852-8566 長崎市宝栄町15-11
TEL.095-861-5176 FAX.095-861-9017
Copyright © 2014-2015 Kwassui senior high school and junior high school. All rights reserved.