活水高等学校 活水中学校

受験生の皆様へ
受験生の皆様へ

合格体験記(英語科)

「後悔しないために」

長崎大学教育学部
中学校教育コース文系英語専攻進学

Y. O. さん

 私はこの度、推薦入試で長崎大学に合格しました。
 私は英語の先生になりたいという夢があったので、1年生の頃から長崎大学の教育学部を志望していました。もとから公募推薦を受けようと考えていたので、定期テストに力を入れて勉強し、漢検や英検も積極的に受けていました。3年の6月にテニス部を引退してからは一般試験も見据えて本格的に勉強し始めました。
 推薦入試の内容は小論文と面接でした。私が受験した英語専攻の受験科目は去年まで面接しかなく、小論文の実施は今年が初めてでした。小論文の受験が必要だと分かり、夏休みから小論文課外を受けて小論文の対策を始めました。過去問がなく、傾向が分からないので他の大学の教育学部の過去問をたくさん解き、小論文の個別指導の先生方にも添削していただきました。9月からは担任の先生が指導してくださり、志望理由書と自己アピール書の作成に取り組みました。何を書けばよいのか分からず初めは苦戦していましたが、何度も書き直しをして完成させることが出来ました。志望理由書や自己アピール書を書く際には大学や、教育に関することを調べたので、知識を深めることが出来ました。また、自分がどんな先生を目指すのかを真剣に考えるきっかけにもなりました。面接練習は10月下旬から始め、初めての面接練習では自分の考えていることがうまく伝えられず、用意していない質問をされると焦って答えられませんでした。そのため、面接練習で答えられなかった質問を家で考えて言えるように練習しました。また、視線が動きすぎだと指摘を受けたので、相手の顔を見て話すことも意識しました。
 受験当日はあまり緊張せずに迎えることが出来ました。しかし、実際の小論文の試験では、日本語の小論文に併せて英語の小論文も出題され、英語で書く量も多かったので少し焦りました。英語の問題が出題されることは予想しておらず、対策もしていなかったので不安になりましたが、授業の中で英語の文章を書く練習をしているのが役に立ちました。面接は日本語と英語で聞かれ、準備していた質問は聞かれませんでしたが、面接練習の時に難しい質問をされてもきちんと答えるように練習していたので、どの質問にも答えることが出来ました。
 合格がわかった時は本当に嬉しかったし、家族や友達、先生方も一緒に喜んでくださり、自分がたくさんの人に支えられていたことを実感しました。自分を応援して下さった方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
 私が今回の受験で学んだことは、努力し続けることが大切だということです。自分では受からないだろうと思い不安になることもありましたが、絶対に後から後悔したくないという気持ちから何度も面接や小論文の練習に取り組みました。活水では先生方が熱心にサポートしてくださるので、これから受験を迎える皆さんにも途中で諦めず、後悔しないように進路実現を目指して頑張ってほしいと思います。

「諦めない心」

長崎大学多文化社会学部
多文化社会学科進学

A. M. さん

 この度、AO入試で長崎大学多文化社会学部に合格することができました。昔から海外の文化や言語に興味を持っていた私は、中学生のころ、多文化社会学部を知り、高校1年生の時に参加したオープンキャンパスで受験を決心しました。受験を決心した大きな理由は、もともと好きだった英語を学ぶだけでなく、英語を使って幅広い視野を身に付け、グローバル社会で活躍できる人材になりたいと考えていたからです。
 私は比較的早い段階で志望校が決まっており、学習面だけでなく、平和学習部としての多様な学びも生かしたかったことから、AO入試での受験を志していました。しかし、AO入試の出願条件として課されていたTOEIC730点取得という、私にとってはかなり高い壁にぶつかりました。なかなか目標とするスコアが取得できず、正直に言って諦めかけたこともありました。そのため、高校3年生の夏休みには一般受験に向けた学習も進めていました。しかし、自分のレベルでは難しいと分かっていても、絶対に多文化社会学部で学びたいという強い意志を持って毎日欠かさず学習を続け、TOEICで出願条件を上回るスコアを3年生の夏に取得することができました。
 多文化社会学部のAO入試では一次審査で自己推薦書や調査書等を提出し、二次審査で面接と小論文がありました。自己推薦書は何度も何度も書き直し、面接や小論文は過去問が公開されていなかったことから、対策にはてこずりました。特に小論文対策としては、他大学の過去問を大量に解き、とにかく書く練習をしました。その他には新聞や国際ニュースのチェックを毎日行ったり、新聞の社説を要約したり、スマートフォンを利用してBBC WORLD NEWSを聴くなど自分で思いつく限りの対策はしてきたつもりです。
 希望する大学への進学が決まった今、新たな環境で学べることを心より嬉しく思います。
 私の受験にあたり、手厚いサポートをして下さった先生方やクラスメイト、そして家族には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
 私から皆さんに伝えられることは、「絶対にここで学びたい」と思える大学を見つけることで、どんなにつらいことがあっても、どんなに逃げ出したいと思っても、諦めずに努力を続けることができるということです。大学の選択が今後の人生を左右するといっても過言ではありません。心から学びたいと思える大学と出会い、自分にとってはレベルが高いと感じても、諦めずに合格を目指すことで、大きな成長を遂げることができるはずです。
 常に自分に自信を持てなかった私は、受験という大きな経験を通して、自分自身の成長と自信を得ることがたのではないかと感じています。
 志望する大学に向けて努力をすることができるのも、学習における様々な困難に立ち向かうことができるのも、この高校三年間しかありません。これらを乗り越えた経験は一生の財産になると私は信じています。活水の素晴らしい先生方と、充実した環境に恵まれている皆さんはきっと、希望する人生を歩むことができるはずです。 皆さんのご活躍に期待しています。

「『まだ先のこと』じゃない!」

国際基督教大学 教養学部
アーツ・サイエンス学科進学

K. F. さん

 私はこの度、同盟校推薦で国際基督教大学教養学部アーツ・サイエンス学科に合格することが出来ました。ここに至るまでに多くのサポートをしてくださった両親と先生方、そして励ましの言葉を送ってくれた友人たちに感謝申し上げます。
 私はもともと英語がそこまで得意でなく、むしろ苦手意識がありました。姉達が通っていたということもあり、活水高校英語科を受験しましたが、1年時の定期テストでは英語科とは思えないほどの悪い点数を取ってしまったこともしばしば…。関心のあることは美術に関することばかりで、英語科にいながら大学は美術のほうへ進もうと考えていました。また、姉が大学で経営学部に進んだことから、経営も面白そうだなとぼんやり考えていました。しかし、そんな私の意識を大きく変えたのは、アメリカへの留学経験です。約9か月間滞在し、結果としては英語に対する関心が大きく増えました。そのため、英語力をもっと伸ばしたいと考えるようになりました。
 国際基督教大学に決めるまで、私の進路先の志望は何度か変わりました。その間私は、英語の授業で行ったSDGsに関するプレゼンテーションをきっかけに、世界の貧困と格差についても興味を持つようになり、そんな時に国際基督教大学はどうかという話をいただきました。自分が望んでいる最高の条件を満たせる大学に今まで以上の魅力を感じ、最終的に国際基督教大学を志望するに至りました。それからは小論文の過去問を何年分も解いては先生にチェックしてもらい、同時に面接練習にも取り組みました。とにかく数をこなして形式に慣れようと必死でした。準備過程で特に大変だったのは志望理由書です。とにかく書く量が多く何度も訂正を繰り返し、とてもきつかったのを覚えています。その他には毎週教会へ足を運び、教会での交流会やバザーの準備に参加するように心掛けました。また、TOEICの点数を上げるために何度も受け続け、結果、当初と比べ300点近く点数を上げることができ、受験へのモチベーションにもつながりました。
 大学受験に向けての準備をするにあたり、自分でやっていてよかったと思うことは主に二つあります。一つ目は、勉学で手を抜かないことです。成績が良いに越したことはなく、成績で自分の進路先の範囲が大きく変わってきます。私も頑張ったおかげで推薦をいただくことができました。二つ目は、学校でも家でも怠けないような生活をすることです。これは、勉学よりも大切にしていました。普段から気を引き締めて生活をしていたことで、志望理由書や小論文の準備など、忙しかったものの、課題や家事と両立してこなすことができました。しかし、遅刻が多めだったことは反省しています。
 大学進学はまだ先の事と思う人も多いかもしれませんが、今の自分の頑張りで将来が大きく変わってきます。そのため皆さんには、大学進学に向けての早め早めの準備をし、明るい未来につなげていってほしいです。

「将来の夢への大きな前進」

青山学院大学国際政治経済学部
国際コミュニケーション学科進学

A. T. さん

 私はこの度、青山学院大学国際政治経済学部国際コミュニケーション学科にキリスト教同盟校推薦で合格することができました。ここまで支えてくださった先生方や牧師先生に心から感謝しています。
 私は幼い頃から、客室乗務員になって世界で活躍したいという夢を持っていました。そのため、1年生の頃から、客室乗務員に必要な語学力やコミュニケーション能力、また異文化に対する寛容性を身につけることのできる大学に進学したいと考えていました。さらに高校で平和学習部に所属し、核兵器廃絶活動を行ううちに国際問題への関心も深まりました。直接解決することはできなくても、私たち若い世代がそのような活動を行うことに大きな意義を感じたからです。そのため、今後は核兵器問題だけでなく、様々な国際問題についての学びを深めていきたいと思っていました。青山学院大学のオープンキャンパスに参加した際、国際コミュニケーション学科はまさにこれらのことを学べる学科であると感じ、志望するようになりました。
 しかし、この学部を受験する上で大変だったことがいくつかあります。
 まず、推薦基準が高かったことです。そのため3年生の1学期は、学校の勉強だけではなく、英検やTOEICの対策に力を入れました。その結果、基準に達し、推薦を頂くことができました。
 つぎに、私の志望する学部に進学した先輩が過去にいらっしゃらなかったことです。小論文や面接の出題傾向が掴めず、対策に苦労しました。そこで、私は3年生の4月から小論文の塾に通い、約8ヶ月間小論文の対策を行いました。様々な分野にわたり多くの課題文を書いたことが、本番落ち着いて小論文を書けたことにつながったと感じています。
 そして、私が一番苦労したことが、キリスト教や聖書に関する理解を深めることです。対策として、学校の先生方や牧師さんにとても熱心にご指導していただきました。家では、解説本をたくさん読んで聖書の内容を理解したり、有名な聖書箇所を覚えたりしました。また、青山学院に進学された先輩方に連絡をとり、多くのアドバイスを頂きました。
 このように、私は様々な面から対策を行ったことが合格へつながったと感じています。また、たくさんの方々の支えがあって合格をつかむことができたのであり、一人では決して受験を乗り越えることはできなかったと強く実感しています。これから受験される皆さんも、ご指導をしてくださる方や応援してくださる方に感謝の気持ちを忘れず、悔いの残らないよう精一杯頑張ってください。

Copyright © Kwassui senior high school and junior high school. All rights reserved

ページトップ